文化・芸能

【哲代おばあちゃん 100歳 きょうも好日】私を支える七つの習慣【動画】

2021/1/24 20:24
【一】

【一】

 尾道市美ノ郷町で1人暮らしをする100歳の石井哲代さんには、日々を心地よく過ごすための習慣がいくつもある。手間を惜しまず、楽しみながら繰り返してきたことばかりだ。今回は、哲代さんがとりわけ大切にしている七つの習慣を紹介する。(鈴中直美、木ノ元陽子)

 【一、布団の上げ下ろし】

 去年の夏ごろからベッドで寝ていますが、起きたら布団は畳んで廊下にある押し入れに収めます。それが私の朝イチの仕事です。ちゃんと目が覚めて布団を上げられるのは幸せなことじゃと思うんです。

 今使っているのは毛布3枚と敷布団。羽毛布団は軽くて温かいけど、かさばるでしょう。だから毛布を重ねて寝ようるの。そうしたらおばあさんでも運びやすいです。何回かに分けて行ったり来たりね。わざわざジムに行かんでもええでしょ。運動じゃと思うてやっとります。

 【二、せっせと草取り】

 天気のいい日はたいてい家の周りや畑の草を抜いています。雑草で荒れると家や畑がかわいそうな気がします。しゅうとめさんは暇があれば草取りをするような人でした。家の前の道端や石垣の隙間まで。範を示してくれようちゃったからでしょうか、私もいつの間にか放っておけない性分になりました。きれいになると気持ちもすっきりします。

 4、5年前までは元日に「仕事始め」って言うて鍬(くわ)を手にちょこっと畑に出ていました。今年も元気に働かせてもらえるように「鍬さん、畑さんよろしくお願いします」って新年のごあいさつをするんです。今ごろはしませんねえ。寒いけん。へへへ。

 【三、何でもおいしくいただく】
(ここまで 658文字/記事全文 1413文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 【二】
  • 【三】
  • 【四】
  • 【五】
  • 【六】
  • 【七】
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

洗心の最新記事
一覧