• トップ >
  • 文化・芸能 >
  • 洗心 >
  • コロナ禍「待つ」よりも「動く」 カトリック浜田・益田教会、大西勇史神父の奮闘

文化・芸能

コロナ禍「待つ」よりも「動く」 カトリック浜田・益田教会、大西勇史神父の奮闘

2021/2/1 7:46

 カトリック浜田教会(浜田市)と益田教会(益田市)の助任司祭、大西勇史神父(38)はキリスト教を広めるため、カフェの開設や会員制交流サイト(SNS)での発信などさまざまな取り組みに奮闘している。困った時、苦しい時のよりどころでありたい―。それが教会の役割のはずなのに、なかなか伝え切れていないもどかしさを感じてきた。出した答えは「待つ」のではなく「動く」だ。コロナ禍の今こそ、踏ん張りどきだと思っている。
(ここまで 202文字/記事全文 1191文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 大西勇史神父
  • 大西勇史神父
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

洗心の最新記事
一覧