文化・芸能

【灯を消さない コロナ禍と広響】<上>無観客 節目の定演、苦渋の決断

2021/2/3 19:59
無観客で演奏した広響の第400回定期演奏会。後日にネット配信するため録音した(1月28日、広島市中区の広島文化学園HBGホール)

無観客で演奏した広響の第400回定期演奏会。後日にネット配信するため録音した(1月28日、広島市中区の広島文化学園HBGホール)

 新型コロナウイルスの影響で昨年2月末から4カ月に及ぶ休演に追い込まれた広島交響楽団。夏に公演を再開したものの、今再び「第3波」の影響で節目の第400回定期演奏会が無観客を余儀なくされた。コロナ禍に翻弄(ほんろう)され続けてきた広響の1年を振り返り、音楽文化の灯が揺らぐ現状と活路を考える。
(ここまで 145文字/記事全文 1324文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

広島交響楽団の最新記事
一覧