• トップ >
  • 文化・芸能 >
  • 美術 >
  • 広島県内の美術館、「ネットでアート」進化中 スマホに作品配信/学芸員と対話【灯を消さない コロナ禍と文化】

文化・芸能

広島県内の美術館、「ネットでアート」進化中 スマホに作品配信/学芸員と対話【灯を消さない コロナ禍と文化】

2021/2/10 18:58
スマホ画面を泡が覆っていく丸橋さんの作品「どこかの窓洗い」

スマホ画面を泡が覆っていく丸橋さんの作品「どこかの窓洗い」

 新型コロナウイルス感染の「第3波」が長引く中、広島県内の美術館がインターネットの活用を加速させている。スマートフォンに作品を配信したり、対話型のオンライン鑑賞会を開いたり。館内でも新たな展示手法を導入するなど、ウィズコロナを意識した美術館の模索が続く。
(ここまで 127文字/記事全文 1100文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 複数の作家の作品を並べるアートギャラリーミヤウチの展示室(廿日市市)
  • オンライン対話型鑑賞の準備をする森学芸員(広島県立美術館提供)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

美術の最新記事
一覧