• トップ >
  • 文化・芸能 >
  • 洗心 >
  • 【哲代おばあちゃん 100歳 きょうも好日】お金がナイチンゲールでございます 同じ一生なら伸びやかに

文化・芸能

【哲代おばあちゃん 100歳 きょうも好日】お金がナイチンゲールでございます 同じ一生なら伸びやかに

2021/3/28 20:20

 100歳の石井哲代さん(尾道市美ノ郷町)の言葉には、生きづらい時代の足元を照らしてくれるような輝きがある。この世を上手に生きていくための心得とは―。哲代さんの言葉から五つを紹介する。(鈴中直美、木ノ元陽子)

 一.物事は良い方に考える

 物事には必ず表と裏があります。ほら、おばあさんの手を見てごらんなさい。手の甲はしわしわですが、ひっくり返せばつるつるです。一方向から見るだけでは分かりません。例えば受験に失敗して本命じゃない学校に行ったとしても、そこで生涯の友に出会えるかもしれんでしょう。失敗もひっくり返して、良い方に考えるんです。失敗にとらわれてばかりじゃ劣等感に包まれて人生が曲がってしまう。人間がこもうなってしまいます。失敗は通過点でいくらでもやり直せる。あれは成功じゃったと思える日がきっときます。

 二.喜びの表現は大きく

 うれしいな、ありがとうという気持ちを相手に伝えようと思えば自然にこうなるの。直ちゃん(注)がおかずを差し入れてくれたり、ご近所さんがお掃除を手伝ってくれたりすることも多いんです。一人の寂しさを知ってるからでしょうかなあ。本当にありがたい。いつも「わおわお」って大喜びしています。

 年寄りが機嫌を悪うして怒りっぽくなるのはいけんと思います。年寄りは若い人の見本にならんといけん。ああ、老いても楽しそうだなあって思ってもらえるよう、にこやかに。社会のムードメーカーっていうんでしょうか。同じ一生じゃから縮こまったりうつむいたりせず伸びやかに過ごしたいです。

 三.人を観察する
(ここまで 653文字/記事全文 2188文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 講演で参加者と歌声を合わせる哲代さん
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

洗心の最新記事
一覧