文化・芸能

カラー写真でよみがえる記憶 広島本大賞受賞の庭田さんに聞く

2021/8/9 23:47
「カラー化した写真を見た持ち主が楽しい時間を思い出し、喜んでくれることがうれしい」と語る庭田さん=広島市中区のおりづるタワー(撮影・安部慶彦)

「カラー化した写真を見た持ち主が楽しい時間を思い出し、喜んでくれることがうれしい」と語る庭田さん=広島市中区のおりづるタワー(撮影・安部慶彦)

 第11回広島本大賞に、広島市東区出身の東京大2年庭田杏珠さん(19)と同大大学院の渡邉英徳教授(46)の共著「AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争」(写真・光文社)が決まった。庭田さんに作品に込めた思いを聞いた。

 ▽AI彩色 聞き取り重ね補正
(ここまで 126文字/記事全文 1080文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン


この記事の写真

  • 「戦前・戦争」
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

文芸の最新記事
一覧