「漁」余話

この特集をフォロー
この機能は会員限定です

クリップ記事やフォローした内容を、
マイページでチェック!
あなただけのマイページが作れます。

<9> アナゴとハモ

 「漁」シリーズを始めて間もない頃、記事の問い合わせに答えようと読者に電話を入れた。相手は水産行政に携わっていた人と分かり、魚談義に...

<7> 生涯現役

 「漁・海藻編」を掲載中に「高齢の漁師さんがおってじゃねえ」との声が少なからず当方に寄せられた。大田市で天然ワカメを刈って水産加工会...

<5> サザエの角と奥海

 サザエの殻を見れば育った海が分かる。日本海のものには角(つの)と呼ばれる突起があり、瀬戸内海のものにはない。中身の味は変わらないか...

<4> 続・回遊魚

 ウナギやアナゴ、サケ、マグロほどの大回遊ではなくても、産卵や餌を求めるために回遊する魚は少なくない。 埋め立てなどで失われた場所も...

<3> 回遊魚

 回遊魚と呼ばれる魚たちがいる。海で育った後に生まれた川に戻ってきて産卵するサケ、川で育って産卵のために太平洋を南下して海底山脈付近...

<1> 地魚と食い意地

 今春から本紙朝刊の文化面で連載中の「漁」の取材に携わっている。タチウオ編に始まりイカナゴ、マダイ、カタクチイワシ、マナガツオ編と魚...