生きて・ミカサ前社長 佐伯武俊さん(1939年~)

 バレーボールを筆頭に、競技用ボールなどを製造しているミカサ(広島市安佐北区)。前社長の佐伯武俊さん(82)=安佐南区=は半世紀にわたって同社に勤め、誰もが楽しめるボール開発を進めた。海外工場への技術移管、長年の課題だった本社の移転も推進。技術者として経営者として、世界で親しまれるボールメーカーをけん引した。
この特集をフォロー
この機能は会員限定です

クリップ記事やフォローした内容を、
マイページでチェック!
あなただけのマイページが作れます。