あゆみ
ごあいさつ

役員組織

 中国新聞社は、日々の紙面を通じて地域のニーズに沿った福祉圏づくりに努めています。直接、活動面でも寄与したいと考え、1955(昭和30)年12月に財団法人中国新聞社会事業団を創設しました。
 以来、中国新聞社からの寄付金を基金に一般篤志家からの寄付や事業収入を財源として、活動を積極的に推進し、順調に運営してきました。62年には、社会福祉法人に組織を変更、より一層社会福祉事業に専念できる体制を整えました。
 活動の範囲は中国地方を対象とし、事業内容は生計困難な家庭の児童・生徒や寝たきりのお年寄り、障害のある人たちの支援をはじめ、社会福祉事業・団体への助成、社会福祉施設の巡回訪問、災害被災地への救護、福祉思想の啓発など幅広い分野に及んできました
 医療福祉事業推進のため、61年に巡回診療車を購入して辺地の人たちの健康管理にも貢献しましたが、71年広島県成人病予防協会の結成とともに、この事業を同協会に引き継ぎました。
 68年には竹原市忠海町に知的障害児者施設「中国芸南学園」を開設。第2種社会福祉事業に加えて、第1種社会福祉事業の施設運営に取り組み始めました。2018年3月に創設50周年を迎え、「開かれた施設」として地域在宅障害者の福祉センター的な役割も果たしています。
 また、04年4月に通所授産施設として開設した「ちゅうげい」は現在、就労継続支援B型の障害福祉サービス事業所に移行。地域で生活する障害者の社会経済活動を支援しています。12年に障害児通所支援事業所「デイサービスひろば」を学園内に開設。14年には相談支援事業所「まいらいふ」で竹原市から「発達障害児者支援体制整備事業」を受託しました。その後、両施設とも竹原駅前に移りましたが、在宅利用者の利便性を考慮し、17年8月から竹原市内の県道沿いに移転。発達障害児の早期発見・早期療育を目的とする支援活動に力を入れています。
 さらに、03年4月からは「竹原市黒滝ホーム」の指定管理者として養護老人ホームの運営を始め、06年には訪問介護、居宅介護支援事業を開設し、地域のニーズに幅広く対応しています。