主な福祉助成事業

中国社会事業功労賞
高校生への奨学金支給
共催事業
募金活動
 歳末助け合い義援金募集
 中国お茶の会
 災害救援事業
助成事業

■募金活動


<歳末助け合い義援金募集>

 毎年、12月1日から25日まで受け付けます。寄せられた義援金は、中国地方の高校生を対象にした給付型奨学金事業に一部に当てるほか、ボランティア等各種社会福祉団体や組織の活動への助成など、地域の福祉活動向上に役立てます。2019年は12月2日から25日まで受け付け、41件、総額178万6291円が寄せられました。

<中国お茶の会>


茶道各流派の協力を得て開かれた中国お茶の会(2019年9月22日・広島市中区)=中国新聞社提供

広島県内の茶道各流派に協力いただき、毎年9月から12月にかけて茶席を設けます。2019年は広島、福山両市内で計8回開きました。多くの愛好家の皆さんでにぎわいました。お茶券の売り上げの一部は当事業団の福祉活動応援資金に寄付されました。

<災害救援事業>

 地震、風水害などの大災害が生じた場合は、被災者救援活動の一環として災害義援金を取り扱います。

 2019年10月の台風19号災害では、10月16日から11月29日まで義援金を受け付けました。当初は11月15日までの受付予定でしたが、約2週間、延長しました。中国新聞の配達エリアの皆さんを中心に寄託が相次ぎ、最終集計では2237件、総額1億848万7130円となり、全額を日本赤十字社(東京)に送金しました。

最近の義援金取り扱い状況は以下の通りです。

 2011年3月 東日本大震災=2万2283件、20億2135万1349円
 2014年8月 広島市土砂災害=1万4563件、12億9702万4651円
 2015年4月 ネパール地震=166件、564万4730円
 2015年9月 関東・東北豪雨=719件、2800万7129円
 2016年4月 熊本地震=6509件、4億7376万2853円
 2018年7月 西日本豪雨=1万2971件、15億9,398万5,036円