個人情報保護に関する基本方針
 社会福祉法人中国新聞社会事業団は、個人情報が個人の人格尊重の理念のもとに、慎重に取り扱われるべきものであると考え、保有する個人情報に関し適切かつ取り扱いに努力するとともに、必要な事項を定めることにより当事業団の事業の円滑な運営を図りつつ、個人の権利利益を保護します。


1.個人情報取得の制限
個人情報の取得にあたり、利用目的を明示したうえで必要な範囲の情報を取得し、利用目的を通知または公表し、本人 の同意を得たうえで、その範囲内で利用します。

2.個人情報の安全性確保の措置
個人情報保護の取り組みを全員に周知徹底させるため、個人情報保護に関する誓約書を整備し、必要な教育を継続的に 行います。

3.個人情報の開示、訂正などへの対応
本人から自己の個人情報についての開示、訂正、更新、利用停止、削除などの申し出がある場合には、速やかに対応し ます。開示は書面で行います。ただし、開示を申し出た者の同意があるときは書面以外の方法によっても開示します。

4.個人情報の管理者
個人情報の適正管理のため、個人情報保護管理者を置き、中国新聞社会事業団の個人情報の適切管理に必要な措置を行います。

5.事業団内の状況把握と指導
中国新聞社会事業団本部は、事業団と施設内で取得、利用、管理されている個人情報全体の状況を把握、監督し、管理 体制に不備がある場合は当該施設の個人情報管理者に是正を指導します。

6.各施設での対応
中国新聞社会事業団本部は、事業団と施設内で取得、利用、管理されている個人情報全体の状況を把握、監督し、管理 体制に不備がある場合は当該施設の個人情報管理者に是正を指導します。

7.苦情への対応
個人情報の取り扱いに関する苦情に対し、適切で迅速な処理に努めます。

8.継続的な見直し
社会的要請や法的規制の変化に対応するため、規定を継続的に点検し、見直しや改善を図ります。