中国新聞LEADERS倶楽部
2019年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

ごあいさつ

photo
中国新聞社
代表取締役社長
岡谷 義則

平成最後の年となる2019(平成31)年が明けました。5月からの新たな元号のもとで希望に満ちた生活をスタートさせる年でもあります。

昨年は西日本豪雨により、広島県内でも土砂崩れや浸水などによる甚大な被害が出ました。1日も早い復興を願ってやみません。地域では広島東洋カープが、日本一は逃しましたが見事、球団初のセ・リーグ3連覇を達成。サンフレッチェ広島もJ1で2位と健闘し、地域経済を大いにけん引しました。

今年は統一地方選、参院選が行われ、10月には日々の暮らしに大きな影響を与える消費増税を控えています。政府には景気が減速しないための対策が求められます。海外では米中ロの確執による東アジア・環太平洋をめぐる情勢に加え、米中貿易摩擦による経済動向から目を離すことができません。

こうした中、「中国新聞LEADERS倶楽部」は広島県内の100を超える有力企業や団体、教育機関からご協賛いただいています。異なる業種や業界の出合いの場を広げ、地域の活性化や社会貢献を見据えた組織として充実を図る所存です。この特集紙面では広島をリードするトップの方々に、年頭の決意を語っていただいています。皆さまには地域活性化の道筋を考える一助となれば幸いです。

中国新聞社はこれからも総合メディア企業として、地域の皆さまとともに歩んでまいります。本年も引き続き中国新聞をご愛読いただきますようお願いいたします。