中国新聞LEADERS倶楽部
2019年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

顧客の声生かした新家電 好評

photo
代表取締役 会長兼社長 久保 允誉 (くぼ まさたか)

―昨年11月、プライベートブランド(PB)の家電を発売しました。

お客さまの声を生かした商品を提供するのが狙いです。店頭で聞いた意見や要望をもとに商品を当社で企画し、優れた技術を持つ工場で製造します。省エネで静音性に優れ、丸みをもたせたレトロなデザインの冷蔵庫や、すぐに暖かくなり冬場でも快適なヒーター付きトイレ照明など、デザインや機能に工夫を凝らした商品を順次発売し、売れ行き好調です。3月末までに12品目とし、2020年度末までに約80品目に増やす方針です。

―建て替え中の広島本店本館(広島市中区)の特徴は。

地下2階、地上10階建てで、延べ床面積約1万2600平方メートルの店舗が、今夏いよいよオープンします。地域一番の品ぞろえはもちろん、専門性の高い商品も豊富に用意。家電の使い心地を体感したり、比較検討できたりする環境も整える方針です。ネット販売では味わえない「リアル体験」や「ワクワク感」を重視した店づくりを目指します。より便利に買い物できるよう、4階部分に新館との連絡通路を設けるほか、地下を紙屋町地下街シャレオと連結させ、にぎわいの創出にもつなげます。

―住宅リフォームも好調ですね。

リフォーム売り上げは家電量販店で7年連続1位となりました。これまではキッチンや浴室などの水回りが中心でしたが、昨年は外壁塗装の取り扱いを開始。塗料メーカーと共同で長持ちして汚れにくい塗料を開発し、需要を伸ばしました。これからは、ヒートポンプ給湯器やトイレ用の暖房器具をはじめ、リフォームに伴う住宅設備機器の販売にも力を入れ、事業の強化を図ります。

―教育事業にも参入しました。

20年度にプログラミング教育が小学校で必修化されるのを受け、子ども向けの「ロボットプログラミング教室」を昨年末に始めました。小学3年から中学3年までが対象で、生徒は自分でロボットを組み立て、動かすためのプログラミングを学びます。まず兵庫県西宮市で最初の教室を開設。広島でも本店本館の改装オープンに合わせて直営校を設け、全国200カ所での展開を目指します。プログラミングスキルの習得だけでなく、独創性を備えた子どもを育てるお手伝いがしたいですね。

photo
ヒートショックを防ぐ新発想のトイレ暖房照明
概要
社名株式会社エディオン
本店所在地〒730-8620
広島市中区紙屋町2丁目1-18
本社所在地〒530-0005
大阪市北区中之島2丁目3-33
Tel 06(6202)6011(大代表)
設立2002年3月
事業内容家電販売を主として行う「エディオン」を、関東から九州・沖縄まで日本各地に展開。子会社に、北陸・北海道地方で「100満ボルト」を展開する(株)サンキュー、住宅設備事業会社、リユース・リサイクル事業会社、通信販売事業会社など
資本金119億4000万円(2018年3月末現在)
売上高6862億8400万円(2018年3月期)
従業員数1万5496人(2018年3月末現在)
店舗グループ合計店舗数1190店舗(2018年9月末現在)
関連会社(株)サンキュー、(株)エディオンハウスシステム、(株)エヌワーク、(株)イー・アール・ジャパン、フォーレスト(株)、(株)e-ロジ、(株)ちゅピCOMふれあい、(株)サンフレッチェ広島、(株)マルニ木工
ホームページhttps://www.edion.com/