広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部
2021年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

優れた住宅デザイン 街の象徴


中国支店長 浜川 敏也 (はまかわ としや)

―中四国、九州地方で最高階数のタワーマンションが誕生しました。

 広島大本部跡地(広島市中区)の53階建て全665戸の免震タワーマンション「hitoto広島 The Tower」が昨年4月に完成しました。市と広島大が「知の拠点」構想を掲げ、当社を含む9事業者が2013年から手掛けてきた再開発エリアのラストとなる事業です。8月から引き渡しを始め、夜になるとマンションに明かりのともる様子が見られるようになりました。街のシンボルとなる建物にお客さまの暮らしの温かさを感じることができて、大変うれしく思っています。敷地には、居住者以外も使える共用棟を造りました。居住者同士はもちろん、地域の方を含めた交流の場として利用していただきたいですね。

―優れた集合住宅のデザインとして高い評価を受けました。

 当マンションは、20年度のグッドデザイン賞を受賞しました。広島大旧理学部1号館の隣にタワーマンションが並ぶインパクトが大きく、知の拠点にふさわしいと評価されました。外壁の一部を1号館に似せたデザインにし、跡地の樹木を保存するなど、歴史を伝えつつ、新しい住環境を創造するビジョンが伝えられたと考えています。

―このほかのマンション整備は。

 東区牛田本町では、住宅と店舗複合型の「ザ・パークハウス牛田本町ほおずき通り」を分譲中です。広島県府中町の大型商業施設の隣接地には「ザ・府中レジデンス」を展開しています。2物件とも好評で、供給できる戸数が残りわずかになりました。JR広島駅から徒歩7分のエキキタエリア(東区)の「ザ・レジデンス二葉の里」は、おかげさまで、昨年3月に完売しました。このほか、岡山市北区の「プレディア西古松ガーデンコート」は発売した昨年10月時点で、全66戸のうち40戸以上を順調に供給しています。

―新たな計画はありますか。

 中区十日市町と西区井口明神で、マンションを計画しています。当社は、用地を取得する段階から、そこに住むお客さまの豊かな暮らしを考え、ニーズを先取りした住まいづくりを心掛けています。高品質な住宅を継続的に供給しながら、再開発事業にも取り組み、街づくりを通じて地域に貢献してまいります。


グッドデザイン賞を受賞した「hitoto広島 The Tower」
概要
社名三菱地所レジデンス株式会社
本社所在地〒100-8189
東京都千代田区大手町1-9-2
大手町フィナンシャルシティ グランキューブ
Tel 03(6281)8000(代表)
設立1957年6月
事業内容不動産の開発、不動産の販売、不動産の賃貸借
資本金150億円
売上高2028億7600万円(2020年3月期)
従業員数1070人(2020年3月現在)
支店・営業所関西支店、名古屋支店、中国支店、九州支店
関連会社三菱地所
ホームページhttps://www.mec-r.com/

企画・制作/中国新聞社地域ビジネス局
※2021年中国新聞元旦号に掲載したものです。