広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部
2021年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

本社にデモルーム 製品をPR


代表取締役社長 小松 節子 (こまつ せつこ)

―2020年はどんな1年でしたか。

 新型コロナウイルス感染拡大で大きな打撃を受けました。ダクトの製造や販売を受け持つエンジニアリング事業部は、影響を最小限にとどめることができましたが、主力取引先である自動車業界の需要が落ち込み、4月から6月にかけて影響が出ました。
 全社的に、取引先へ直接出向く営業活動などを控え、技術開発に力を入れています。「T&Bカフェ」という新プロジェクトを10チーム立ち上げました。その中の一つ「デモカフェ」は、粉じん抑制装置「ダストバスタ」など主に自社製品を紹介するロボットセンターを東広島市の本社内に設置。今年2月にスタートさせる予定です。

―デンマークの「UVD ロボッツ社」が開発したロボットの販売代理店です。

 自律走行する紫外線照射ロボットです。強力な紫外線「UV-C」を照射してウイルスや細菌などの感染拡大を防止します。20年11月から、広島県内の病院でデモを始めています。プログラミングによってロボットが病室や手術室を回り、細菌やウイルスを除去します。病院以外にもオフィスや工場、小売店、学校、空港、福祉施設などさまざまな場所で利用してもらえるよう展開していきます。

―ダイバーシティ(多様性)経営に取り組んでいます。

 国籍や性別などを問わずさまざまな人財を採用する経営で、現在29人の外国人従業員が活躍しています。
 東広島市で運営する「インターナショナル キッズ コミュニティ」は、地元企業で働く従業員の仕事と育児の両立を支援する保育園。英語、スペイン語、中国語、日本語の4カ国語を遊びながら学べるのが特徴で、20年度は6カ国44人を受け入れています。

―10月に創業60周年を迎えます。

 1961年に自動車工場のメンテナンスサービスからスタートした当社は、2019年にIT事業部を設置。AIやモノのインターネット(IoT)を活用した技術開発も始めました。今後も確かな仕事の積み重ねと社員の情熱で、お客さまと「感謝、感激、感動」が共感できる商品とサービスを提供してまいります。


UVDロボット
概要
社名株式会社メンテックワールド
本社所在地〒739-0146
東広島市八本松飯田2-2-1
Tel 082(436)4800
創業1961年10月(設立 1965年10月)
事業内容自動車工場などの環境保全を含む生産設備のトータルメンテナンス、環境事業、ダクト製造事業、スパイラル鋼管などの生産施工の一貫体制
企業主導型保育園インターナショナルキッズコミュニティの運営
資本金9674万円
売上高単体 20億5012万円(2020年1月期)
従業員数150人(2020年10月現在)
支社・支店・工場広島事業所、防府事業所、九州事業所、九州工場
関連会社MenTecWorld Mexico,S.A.deC.V.
MenTecWorld Malaysia Sdn Bhd
MenTecWorld North America Corporation
Asephil MenTec,Inc
ホームページ http://www.mentecworld.co.jp/
http://ikc2.ed.jp/(インターナショナルキッズコミュニティ/愛称イック)

企画・制作/中国新聞社地域ビジネス局
※2021年中国新聞元旦号に掲載したものです。