広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部
2021年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

緩和ケア 「生きる」に寄り添う


理事長 姜 仁秀 (カン インス)

―昨年は新型コロナウイルスで大変でした。

 昨年春先から注意を払ってきました。12月ごろから広島県内でも感染が広がりを見せており、当会のスタッフはもちろん、来館される方にも検温や体調チェックをお願いするなど徹底しています。面会については、昨年来の制限で利用者、ご家族に迷惑をおかけしていますが、タブレットを使ったオンライン面会などで少しでも顔の見える面会ができるよう工夫しています。

―病院機能評価を取得、緩和ケア病棟も立ち上げられました。

 メリィホスピタル(広島市安佐南区)では、昨年7月に日本医療機能評価機構の病院機能評価(一般病院1)の認定を取得しました。今後も質の高い医療の維持と向上、信頼の医療を提供していきます。昨年12月には緩和ケア病棟(47床)を開設しました。我々が目指す緩和ケアは、ご本人、そしてご本人を支えるご家族と共に「生きる明日をつくる」ことを目標とする。これが八千代会の考える緩和ケアのあり方です。これまでの生活を継続できるよう、希望される生き方を尊重し、さらに心や体の苦痛を緩和する、「生きるを支える」ということを目的としています。今年はスタッフ一同がチームとなりこの大きな転換期をプラスにし、患者・家族をサポートしていきます。

―日韓文化対談集を出しました。

 昨年11月に「韓国よ、咲き誇れ! 『反日病』につける薬」という対談集を発刊しました。広島で活躍する比較文化学者の金文学先生と、日韓関係に関する諸問題について解決策を論じる中で、東アジアの平和と共同発展を願う同胞として、今後日韓がどのように進んでいくべきかを語り合いました。

―今年の抱負をお願いします。

 より一層「医療」に注力し、在宅との架け橋であるアウトカム評価の構築を進めます。八千代会のスマート化、デジタル化を若い世代の現場スタッフの考えを取り入れ、独創的かつ自由闊達(かったつ)に進めていきます。LINE(ライン)や動画投稿サイト「ユーチューブ」でお役立ち情報やセミナーも配信し、八千代会をもっと知っていただき、基本理念である「もてなしの心」で培ったノウハウを生かし、一人一人の大切な時間に寄り添えるケアを提供していきます。


メリィホスピタル・メリィデイズ
概要
法人名医療法人社団八千代会 メリィハウスグループ
本社所在地〒731-0302
安芸高田市八千代町勝田448
Tel 0826(52)3838
設立1992年5月
事業内容医療・介護事業運営
【病院・施設】
・メリィホスピタル
・八千代病院介護医療院
・有料老人ホームメリィハウス西風新都
・有料老人ホームメリィハウス八千代
・サービス付き高齢者向け住宅
メリィデイズ、メリィハウス庚午北町、メリィハウス井口、メリィハウス五日市コイン通り、メリィハウス相田、メリィハウス可部一丁目、メリィハウス八木せせらぎ公園
【在宅サービス】
訪問看護、訪問介護、居宅介護支援事業所
小規模多機能型居宅介護、定期巡回・随時対応型訪問介護看護
従業員数1560人
ホームページhttp://merry-house.jp/

企画・制作/中国新聞社地域ビジネス局
※2021年中国新聞元旦号に掲載したものです。