広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部
2021年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

グループが連携 豊かな食提案


代表取締役社長 岡﨑 浩樹 (おかざき ひろき)

―新型コロナウイルスとの闘いの一年でした。

 従業員とその家族、お客さまの安心・安全を最優先に考えて対策を行いました。その中で、昨年6月には広島県と岡山県に展開するバイキングレストラン「ワールドビュッフェ」全4店を閉店しました。たくさんのお客さまにご利用いただいており、苦渋の決断でしたが、250席のビュッフェ業態の安心・安全確保が難しいと考えました。多くのお客さまから閉店を惜しむ声をいただきました。これまでのご愛顧に心から感謝申し上げます。
 エブリイでは、折り込みチラシを自粛し、その分、食卓に欠かせない商品の価格に還元しました。地域の食を豊かにするという「あり方」は深めながら、商売の「やり方」は変えました。

―出店やリニューアルの計画は。

 昨年は7月に「緑井店」(広島市安佐南区)、9月に「舟入南店」(中区)を新規オープンさせました。また4店舗のリニューアルを実施しました。今年は、安佐南区に「沼田店」、総社市に「総社南店」を出店します。スタッフの働く環境をより良いものにする観点から、開店して15年以上経過している「下中野店」(岡山市北区)を移転増床。「中庄店」(倉敷市)を建て替えます。このほか、6店舗の改装も予定しています。

―アプリが新しくなりました。

 非接触の決済機能を搭載した新エブリイアプリを、昨年10月にリリースしました。スタート初日に、アプリ販売市場「アップストア」のランキングで全国6位となり、1年後と想定していた目標ダウンロード数を1日で達成できました。反響に驚いています。

―グループ企業の取り組みは。

 外食事業のホーミイダイニングはコロナ禍による逆風の中、より筋肉質な経営体質につくり替え、新たな事業にも挑戦しています。例えば、料理人がエブリイにしかない調味料を使った「家庭で作れるレシピ」を作りエブリイ店頭で提供するなど、グループを横断した「食」を提案します。食材宅配のヨシケイ福山(福山市)が運営するヨシケイ北大阪(大阪府茨木市)は、今年、営業所を増やす予定です。今後も、地域の食をさらに豊かにすることで、社会に貢献していきたいと考えています。


昨年オープンしたエブリイ「舟入南店」
概要
社名株式会社エブリイホーミイホールディングス
本社所在地〒721-0973
福山市南蔵王町1-6-11
Tel 084(982)9411
設立2014年9月
事業内容スーパーマーケット事業、外食・事業所向け給食事業、夕食材料宅配事業など
資本金8000万円
売上高952億円(2020年6月期)
従業員数約5500人(2020年11月現在)
店舗数・エブリイ45店舗・ホーミイダイニング15店舗・ヨシケイ福山9拠点(グループ計69拠点)
関連会社(株)エブリイ、(株)ホーミイダイニング、(株)ヨシケイ福山、(株)けんこう応援団、(株)イーシステム、(株)すまいるエブリイ、(株)イープラットフォーム、(株)YPYエデュケーション
ホームページhttps://www.everyhomey.com/

企画・制作/中国新聞社地域ビジネス局
※2021年中国新聞元旦号に掲載したものです。