広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部
2021年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

お好み焼きを通じ団らん創出


代表取締役社長 佐々木 孝富 (ささき たかとみ)

―2020年10月1日、代表取締役社長に就任しました。

 就任したばかりですが会社には以前からの経営陣が引き続き残っています。社長が変わったからといって、今すぐ何かを変える必要性は感じません。私の役割はこれまでお客さまからいただいた信頼を、今後ますます大きくしていくことです。歴代経営者が継承してきた「多くの人に福を広める」という「お多福」の心を、8代目社長として引き継いでいきます。

―業績はいかがでしたか。

 当社は家庭向け商品を販売する事業と、外食店やスーパーの総菜コーナーに販売を行う業務用事業の割合がほぼ一対一です。コロナ禍で業務用の売り上げは減少しましたが、家族でお好み焼きや、たこ焼きを楽しむ機会が増えたことで業績全体はマイナスになりませんでした。先代から続く、あらゆるお客さまと広く関わっていくバランス経営が機能した形です。集客に苦労する外食店さまの支えになりたいとの思いから、テークアウトを推奨するのぼりなどを提供しました。社内的にはテレワークや時差出勤など、働き方改革を促進するきっかけになりました。社員が各制度を積極的に活用し、ウェブ会議システムも拡充しました。今後もこの流れを推進し、今年はフレックスタイム制を導入します。勤務時間や勤務地について、社員が選べる環境づくりを進めていきます。

―新商品「デーツ<なつめやしの実>」が好調です。

 食物繊維をはじめ、カリウム、カルシウム、マグネシウム、葉酸など、女性が日常的に取りたい栄養素が詰まったデーツは世界中で人気のドライフルーツです。デーツの認知が広がることで「オタフクお好みソースにもデーツが入っている」と知ってもらえればうれしいですね。

―今年は創立100年目です。

 100年を機に、長期的視野に立った生産体制の再構築を考えています。お多福グループ全体での生産設備や機械、工場建物の方向性を今年中に結論付けます。会社としては「Energy」「Earth Friendly」という方針を掲げ、明るい話題の提供と、人と地球に優しい社会の創出を目指します。食を通じた団らんにはそれらを成し遂げる力があると信じています。


オリジナルキャラクター「デーツくん」と栄養素が豊富なデーツ
概要
社名オタフクソース株式会社
所在地〒733-8670
広島市西区商工センター7丁目4-27
Tel 082(277)7111
設立2009年10月(創業1922年11月)
事業内容ソース、酢、たれ、その他調味料の開発・製造・販売
資本金1億円
売上高245億円(2020年9月期)
従業員数423人(2020年10月現在)
支社・支店・工場支店8/北日本、東京、名古屋、大阪、中国、四国、九州、台北
工場1/本社工場
関連会社オタフクホールディングス(株)、お多福醸造(株)、お好みフーズ(株)、ユニオンソース(株)、OPP(株)、Otafuku Foods,Inc.、大多福食品(青島)有限公司、OTAFUKU SAUCE MALAYSIA SDN.BHD.
ホームページhttps://www.otafuku.co.jp/

企画・制作/中国新聞社地域ビジネス局
※2021年中国新聞元旦号に掲載したものです。