広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部
2021年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

建設•改装 福山のにぎわい生む


代表取締役 織田 誠爾 (おりた せいじ)

―事業内容を教えてください。

 1956年に「共栄木工所」という名称で家具メーカーとしてスタートしました。その後、内装工事を手掛けるようになり、80年代初頭には総合建築業に成長。飲食店をはじめ、物販店、百貨店といった商業、医療、教育の各施設などの一般建築を主力事業とし、企画から設計、施工管理まで一貫体制を整えている点が強みです。2007年に大阪市、19年には福岡市に営業所を開設。活動エリアを中四国から、関西、九州へと広げてきました。

―注文住宅も手掛けています。

 家具造りや店舗建築で培った技術やデザイン力を生かし、1994年に住宅事業部として「共栄ホーム」を立ち上げました。木をはじめとする自然素材を大切にした自由設計が特徴で、施主・家族のライフスタイルやニーズに対応した住まいの提供にこだわっています。福山市内の3カ所に住宅展示場を設け、これまでに約1200棟の戸建て住宅を供給しています。

―地域貢献にも積極的ですね。

 地域に根差す企業として、JR福山駅前の再生と活性化のお手伝いに力を入れています。駅南口の三之丸町1番地区では、2事業者と連携し、複合施設の建設計画を進めています。施設は3棟で構成され、当社は中央部に位置する地上10階建ての棟を開発。1フロアに1社ずつのテナントが入居する予定です。
 駅南東側の伏見町では、空き店舗を改装して新規出店者を呼び込む、リノベーションによる街おこしを本格化させています。地元企業の経営者らと協業し、昨年までに飲食やゲストハウス、シェアオフィスなど数件誕生させ、にぎわい創出につなげています。

―創立65周年を4月に迎えます。どんなことに重点を置きますか。

 働き方改革と人材確保・育成がテーマです。情報通信技術(ICT)を業務改善に生かすデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進します。建築物の3Dモデルや設計データを全セクションで共有したり、現場での工事や検査を遠隔で管理したりするシステムを構築し、省力化と作業効率アップを両立させます。加えて、大阪や福岡の拠点で設計、施工、営業部門の人員を増強。活躍の場をさらに広げていきます。


共栄店舗本社屋
概要
社名株式会社共栄店舗
本社所在地〒721-0952
福山市曙町1-3-17
Tel 084(953)1650
設立1956年6月
事業内容総合建設業・内装工事業・住宅工事業・創作家具製造業・一般建築・店舗・住宅の企画・設計・施工
資本金3200万円
売上高68億6700万円(2020年6月期)
従業員数82人(2020年6月現在)
支社・支店・工場大阪・福岡・木工家具工場
関連会社(株)キョーエイネクスト、(株)キョーエイファニチャー
ホームページhttp://www.kyoeitenpo.co.jp

企画・制作/中国新聞社地域ビジネス局
※2021年中国新聞元旦号に掲載したものです。