広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部
2021年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

マンション管理 在り方新提案


代表取締役会長
兼CEO
福井 滋 (ふくい しげる)

―マンション管理事業が好調です。

 グループ全体の管理受託戸数は24万戸(2020年3月末)を越え、全国トップクラスです。19年度だけで1万戸以上増加しました。マンションを分譲する事業者と業務提携して共同出資の会社をつくり、提携先が手掛ける物件の管理の実務を当グループが担う独自のビジネスモデルを確立しているのも、好調の要因の一つです。提携先は計18社です。昨年は、マンションブランド「ハイムスイート」を展開する積水化学工業(大阪市)と新たにアライアンスに至りました。
 マンション管理の業界では、管理組合員の高齢化や建物の老朽化などが課題となっており、品質を保ちながらも低価格なサービスが求められています。積み重ねた実績とノウハウを生かして、さらに管理受託戸数を伸ばします。

―新型コロナウイルスの影響は。

 管理会社を変更するリプレイス案件の受注は緊急事態宣言の期間中こそ少し動きが鈍りました。しかし、マンション管理の在り方を見直す機運は引き続き高く、昨夏ごろから受注も例年並みに戻りました。当社はコロナ禍を機に「マンション管理のニューノーマル(新常態)」を提案。対面で行う理事会を見直し、書面でのやりとりとするなど、管理組合員を組合運営の煩わしさから解き放つことも目指します。

―社会資本整備に民間の資金やノウハウを活用するPPP・PFI事業の受託も増やしています。

 毎年10件程度を新規受託していて、順調です。昨年は鳥取市の市民体育館や三原市の斎場の管理・運営、周南市の小学校の空調設備を維持管理する事業など11件を受託しました。昨年までの受託件数は計60件に上ります。地域の再生や発展につながる案件に、今後も積極的に取り組んでいきます。

―事業所の出店にも積極的です。

 昨年は沖縄県名護市と倉敷市に営業所を出店。拠点は全国56カ所になります。今後も積極的な展開を行い、地域に密着したサービスを提供してまいります。
 さまざまな環境の変化に対応し、当社の高い技術力と価格競争力でお客さまの資産価値を維持向上し、私たちも成長を続けます。


鳥取市民体育館再整備事業
概要
社名株式会社合人社グループ
本社所在地〒730-8570
広島市中区袋町4-31
Tel 082(247)7475
設立1980年1月(グループ中核企業、合人社計画研究所の設立年月)
事業内容分譲マンション総合管理業、ビル管理業、修繕工事業、建築コンサルタント業、PPP・PFI事業、不動産賃貸業
資本金3億円 ※合人社計画研究所の資本金
売上高422億3810万円(2020年3月期)
従業員数1448人(2020年3月現在)
事業所■東京本店/東京都中央区日本橋室町4丁目1-5
■大阪本店/大阪市中央区南本町1-8-14
・支店/札幌、仙台、東京中央、東京西、立川、さいたま、船橋、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、周南、高松、北九州、福岡、熊本、鹿児島、沖縄
・営業所/宇都宮、柏、市川、所沢、町田、湘南、上越、新潟、湯沢、金沢、長野、岐阜、静岡、浜松、岡崎、津、姫路、鳥取、松江、石見、倉敷、福山、呉、山口、下関、徳島、松山、宇和島、高知、長崎、大分、宮崎、名護
ホームページhttps://www.gojin.co.jp

企画・制作/中国新聞社地域ビジネス局
※2021年中国新聞元旦号に掲載したものです。