中国新聞LEADERS倶楽部
2019年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

先進的な環境配慮型住宅 提供

photo
広島支店長 久保 高弘 (くぼ たかひろ)

―広島市中区で分譲中の大型マンション2棟が話題です。

昨年3月に完成した「ライオンズ広島加古町」(138戸)と2月に竣工予定の「ライオンズ広島グランテラス」(170戸)は、環境に優しい集合住宅です。住宅・建築物の省エネ性能を格付けする第三者認証制度「BELS(ベルス)」を、業界に先駆け取得。さらに、二酸化炭素(CO2)の排出を抑制する建物として国土交通省が定めた「低炭素建築物認定マンション」にも選ばれました。リバーフロントの開放的な景観や川の流れによる空冷効果を住宅に取り込むパッシブデザインも人気です。

また、「広島加古町」の棟内モデルルームには、マンションでの生活を疑似体験できる拡張現実(AR)を備えています。

―新しいマンションの計画は。

広島市中区と呉市に今春着工する2棟は、エネルギー消費の収支ゼロを目指す経済産業省のZEH(ゼッチ)実証事業「ZEH-M Oriented」に2018年度、採択されました。断熱性能の向上や省エネ設備を採用することで光熱費を抑えられ、自家発電設備や防災備蓄倉庫なども導入しています。当社の安全・安心・快適への取り組みの集大成ともいえる住まいです。

―グループ一体のワンストップ・サービス体制を展開しています。

グループ会社が連携し、当社のマンションを購入したお客さまを長くサポートする「ライフタイム・リレーション・システム」を展開。ライフステージに合わせ、リフォームや住み替えなどにも応えています。

―新たな事業展開は。

組織改革で昨年6月に発足したソリューション事業部は、福岡市や札幌市、熊本市でホテル開発事業を展開しています。外国人観光客が増加している広島市でも、用地獲得を目指しています。また、マンション開発で培ったノウハウを生かし、広島支店管轄エリアの岡山市や松山市では、市街地再開発事業に力を入れています。広島市でも街づくりの力になりたいと考えています。

東京・赤坂のライオンズマンション第1号が1968年に誕生してから半世紀。当社グループは全国で約45万戸のマンションを手掛けてきました。今後は大規模修繕や建て替えのニーズにも対応していきます。

photo
ライオンズ広島グランテラス(中央)
概要
社名株式会社大京
本社所在地〒151-8506
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-24-13 千駄ヶ谷第21大京ビル
Tel 03(3475)1111
設立1964年12月
事業内容不動産開発、不動産販売、都市開発
資本金411億7100万円(2018年3月31日現在)
売上高営業収入 3351億円(2017年4月1日〜2018年3月31日・連結)
従業員数5621人(2018年3月31日現在・連結)
支社・支店本社、本店、支店(北海道・東北・名古屋・大阪・広島・九州・沖縄)
主なグループ会社大京アステージ、大京穴吹不動産、オリックス・ファシリティーズ、穴吹工務店、穴吹コミュニティ、大京穴吹建設、大京リフォーム・デザイン、秀建、穴吹ライフサポート、琉球ファシリティーズ、台湾大京、大京香港、大京オーストラリア
ホームページhttp://www.daikyo.co.jp/