中国新聞LEADERS倶楽部
2019年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

中国5県が輝くサービス展開

photo
代表取締役
社長執行役員
清水 希茂 (しみず まれしげ)

―電力小売り自由化への対応は。

毎月の電気料金でポイントがたまり、クイズやミニゲームなどに参加いただくとさらにポイントがたまる「エネルギアポイントサービス」が利用できる「ぐっとずっと。クラブ」に入会いただいた方が、昨年80万人を突破しました。

たまったポイントは地域特産品や地元のスーパーなどのポイント・商品券と交換できるなど、地域密着型のサービスを提供していることが多くのお客さまから評価をいただいているものと考えています。

地域密着という点では、昨年、中国5県の町が元気になる企画やプロジェクトをお手伝いする「地域応援プロジェクト」を展開しました。広島県内では、7月の豪雨災害の傷跡も残る中、アイドルグループ「STU48」のメンバーに参加してもらい、地元の方々と一緒に海田町で「そうめん流し」の催しを開きました。

―広島東洋カープを応援するメニューも注目されています。

カープの成績に応じたポイントがつき、抽選で観戦チケット、グッズが当たる「カープ応援メニュー」は、お客さまから好評をいただいています。セ・リーグ3連覇を果たした昨年は「カープ今年も!感動をありがとうキャンペーン」を実施しました。今年も野球はカープ、電気は中国電力でよろしくお願いします。

サンフレッチェ広島の成績に応じたポイントサービスもあり、たまったポイントは、チーム強化支援金としてサンフレッチェに寄贈しています。

―送配電事業の法的分離に向けた分社化を来年4月に控えています。

現在、分社後を見据えた業務運営の試行を行っており、着実に準備を進めています。電気事業は、まさに変革期を迎えていますが、分社後も「お客さまに電気を安定してお届けする」という私たちの使命はいささかも変わりません。

―今後の抱負は。

これからも中国地域のお客さまに選択していただけるよう、地域に密着した魅力的なサービスを提供していきたいと考えています。さらに、中国地域外における電気事業や海外における発電事業などにも取り組み、「地域で選ばれ、地域をこえて成長する」企業グループの実現を目指します。

photo
「地域応援プロジェクト」をサポートするSTU48
概要
社名中国電力株式会社
本社所在地〒730-8701
広島市中区小町4-33
Tel 082(241)0211
設立1951年5月
事業内容電気事業等
資本金1855億2762万円
売上高【連結】1兆3149億円(2018年3月期)
従業員数9169人(2018年3月現在)
事業所等支社5カ所、セールスセンター23カ所、発電所114カ所、営業所30カ所、電力所20カ所
関連会社グループ企業50社(2018年10月現在)
ホームページhttp://www.energia.co.jp/