広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部
2021年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

V奪取へ 地元の熱意を支えに


代表取締役社長 仙田 信吾 (せんだ しんご)

―コロナ禍に苦しめられた1年でした。

 社長に就任して初めて迎えた開幕戦で、難敵のJ1鹿島相手に3-0と勝利。しかも約1万9千人の観客を集めたという実績の余韻が、コロナ禍の苦しさを支えてくれました。そして何より、サポーターやスポンサーの熱いご支援のおかげで、シーズンをやり抜くことができました。

―地元から愛されるクラブです。

 無観客試合や入場者制限が続いたこともあり、総売り上げは約15%減に。経営的には大きな痛手を受けました。その中で広告収入は大きく増加。シーズンパスや年間指定席の払い戻しをクラブにご寄付いただいた方は、6割を超えました。昨年末に始めたクラウドファンディングへのご協力を含め、みなさまの熱意と愛情、そして戦前から続くサッカー王国広島の歴史のたまものだと感謝しています。

―2021年シーズンも難しいかじ取りになります。

 政府の方針もあり、当面は観客動員に制限が掛かる予定です。その中で、公共交通機関との連携を深めてキャンペーンを張り、動員増に挑戦したい。スポンサーの確保にも努力し、グッズ売り上げも伸ばしたいです。昨季の後半には、サンフレらしい魅力的なサッカーが浸透し始めたと手応えも感じています。あとはフロントがどれだけ機運を盛り上げていけるか。今季は20チームに増えた上で、4チームが降格する厳しいシーズンです。それでも、チームとフロント、サポーターが支え合っていけば優勝も狙えると信じています。

―女子プロリーグ「WEリーグ」も9月に開幕しますね。

 私たちは横川(広島市西区)を中心に9年間も活動されてきた女子チーム、アンジュヴィオレ広島をリスペクトしています。そのアンジュヴィオレから「プロ化に名乗り出てほしい」という要請もあって、手を挙げました。創設メンバーに選出されたことは光栄ですし、スポンサーに名乗りを上げてくださる企業もあり、関心の高まりを感じます。WEリーグに参戦できるのも24年完成予定の新スタジアムの存在が大きい。一般の寄付金も2億3千万円を突破し、昨年11月には広島商工会議所を中心とした寄付活動もスタート。本当にありがたいことだと感謝しています。


サポーターと勝利の喜びを分かち合った開幕戦 ©2020 S.FC
概要
社名株式会社サンフレッチェ広島
所在地〒730-0051
広島市中区大手町1-4-14 上田ビル2F
Tel 082(259)3220
設立1992年4月
事業内容サッカー事業
資本金2億2030万円
売上高37億3668万円(2020年1月期)
従業員数49人(2020年12月現在)
ホームページhttps://www.sanfrecce.co.jp/

企画・制作/中国新聞社地域ビジネス局
※2021年中国新聞元旦号に掲載したものです。