広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部
2021年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

広島に根差す催し 続々と展開


執行役員 広島店長 吉田 幸永 (よしだ ゆきなが)

―広島に根差した営業施策を展開しています。

 中国新聞の2020年広島市広域商圏調査で、中区紙屋町の支持率が回復し、よく利用する百貨店に当店が選ばれました。地域の皆さまに感謝するとともに、責任の重さを実感しています。
 18年に広島の魅力をさまざまなイベントで紹介する売り場「ヒロシマルシェエット」をスタートさせました。「えっと」は広島弁で「たくさん」の意味。地域との共生やライフスタイルをテーマに、東広島市の酒まつりや熊野筆、道の駅の名産品など広島にまつわるさまざまなモノ・コトをえっと紹介しています。広島を愛するお客さまに喜んでもらえるよう今後も努力を重ねていきます。

―社会の変化に対応し、新しいサービスを導入しています。

 昨年はライフスタイル提案の専門店やアウトドア専門店をオープンし、ウィズコロナで高まっている巣ごもり消費やアウトドア人気に対応しました。化粧品売り場は感染予防のため、店頭でのメーク体験ができない状況が続いていますが、販売員自らメークを実演する動画を毎月最終金曜日にライブで配信しています。気に入った商品をネットショッピングサイト「e.デパート」で購入していただくと、近くのセブン―イレブンでは送料無料で受け取ることもできます。また、自宅にお取り寄せできるレストランのデリバリーサービスも試験的に始めています。
 外商のビジネスも、これまで東京で開催していた「高輪会」を当店の会場にライブ中継し、商品を紹介させていただき、好評です。

―紙屋町・基町エリアのにぎわい創出のための活動にも力を入れています。

 写真展や街角ライブなどのイベントに、地域の方々と一緒に取り組んでいます。24年には新しいサッカースタジアムが生まれる予定です。一緒にファンづくりをしようと、サンフレッチェ広島の選手がスイーツを提案する企画も好評です。

―今後はどのような展開を。

 ネット販売のご利用も促進しながら、実際にご来店いただいたからこそ体験できるリアル店舗ならではの、お買い物の楽しさを、これからも地域のお客さまに提供していきたいと思います。


そごう広島店
概要
社名株式会社そごう・西武 そごう広島店
所在地〒730-8501
広島市中区基町6-27
Tel 082(225)2111(大代表)
設立1974年10月10日
事業内容百貨店
売上高388億円(2020年2月期)
従業員数454人(2020年3月現在)
ホームページhttps://www.sogo-seibu.jp/hiroshima/

企画・制作/中国新聞社地域ビジネス局
※2021年中国新聞元旦号に掲載したものです。