広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部
2021年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

エネルギー軸に事業拡大図る


代表取締役
社長執行役員
清水 希茂 (しみず まれしげ)

―送配電事業を担う「中国電力ネットワーク」を昨年4月に分社化しました。

 当社の設立以来、最大規模といえる事業体制の転換点となりました。しかし、電力の安定供給を担う事業者として、これまで通り両社で連携し「お客さまに電気を安定してお届けする」ことに変わりはありません。昨年の台風10号は、分社後初の大規模な災害対応となりました。分社化前と変わらず、両社が一体的に対応し、早期の停電復旧につなげることができました。

―電力小売り自由化への対応は。

 お客さまと当社の接点となる会員制ウェブサイト「ぐっとずっと。クラブ」は、毎月の電気料金などでポイントがたまります。ポイントは中国地域の特産品や地元スーパーのポイントなどに交換いただけます。会員数は110万口を超え、当社ならではの地域密着サービスが、お客さまから高い評価をいただいていると受け止めています。
 新しい料金サービス「ぐっとずっと。タイムサービス」を始めています。年末年始の特定時間を対象に電気料金を割り引く「おとしだま割」は、多くのお客さまに申し込んでいただきました。今後もゴールデンウイークやお盆などにも新しいタイムサービスを検討するなど、充実を図っていきたいと考えています。

―グループ経営ビジョン「エネルギアチェンジ2030」を昨年1月に策定しました。

 「2020年代をどう勝ち抜くか」という意識の下、エネルギー事業を中心とする既存領域の底上げと、成長領域への事業拡大による利益の積み上げを図ります。30年度の「連結経常利益600億円以上」「連結自己資本比率25%」を目標に掲げ、取り組んでいます。経営ビジョン達成に向け、昨年はコミュニケーションテクノロジー事業や音楽サービスなどを展開する有望なベンチャー企業への出資を本格化するなど、変化の芽も出てきました。

―今年は創立70周年です。

 築いてきた歴史と伝統を念頭に、今後も存続、成長を続けるためには、大きく変わり続ける事業環境をチャンスと捉え、果敢に挑戦していきたいと考えています。未来志向へ意識を切り替え、経営ビジョン実現に向けて取り組んでいきます。


抽選で千人に電気代1カ月分(実質)無料
概要
社名中国電力株式会社
本社所在地〒730-8701
広島市中区小町4-33
Tel 082(241)0211
設立1951年5月
事業内容電気事業等
資本金1970億2440万円
売上高【連結】1兆3473億円(2020年3月期)
従業員数5022人(2020年4月現在)
事業所等支社5カ所、セールスセンター23カ所、カスタマーセンター2カ所、料金センター1カ所、水力センター2カ所、発電所102カ所
関連会社グループ会社60社(2020年9月現在)
ホームページhttps://www.energia.co.jp/

企画・制作/中国新聞社地域ビジネス局
※2021年中国新聞元旦号に掲載したものです。