広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部
2021年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

充実の住空間 春日野で体感を


代表取締役社長 西本 義弘 (にしもと よしひろ)

―大型住宅団地「東亜祇園ニュータウン春日野」(広島市安佐南区)が最終分譲を迎えました。

 2000年に着工し、18年に103ヘクタール、2453区画の整備が完了しました。これまで約2280区画を販売し、2千世帯以上が暮らしています。街には教育や医療、福祉関連の施設がそろうなど、「100年先を生きる街」のコンセプト通り、さまざまな世代の家族が安心して毎日を過ごせる環境が整いました。昨秋には3タイプのモデルハウスも誕生。インナーガレージ、ワークスペース、屋上バルコニーなど、3タイプそれぞれに工夫を凝らし、注目されています。

―新事業のホテルも完成しました。狙いは。

 地域活性化の一助になればと、平和大通り沿いの本社跡地(中区)に14階建て201室のホテル「ザ・ノット広島」を3社の共同事業として建設し、昨年末にグランドオープンしました。旅行、ビジネス、外国人観光客など、あらゆるニーズに対応できるよう、広めの部屋を用意し、内装にもこだわりました。訪れる人に平和記念公園の眺望を楽しんでもらおうと、最上階をガラス張りにし、フロントや誰もが利用できるラウンジを設置。さらに、屋上には飲食のできるテラスもあります。このほか、1階にはレストランを併設。地元の人々にも親しんでもらえる施設に育ってほしいと願っています。

―分譲マンションの状況は。

 1990年に分譲マンション事業に着手し、20棟のロイヤルシリーズのマンションを供給しています。4月には「ロイヤルシティビュー舟入通り(仮称)」(中区)の販売を開始する予定です。14階建て51戸の仕様で、近隣にスーパーや学校がそろう利便性の高い立地が魅力です。上階のリビングからは海の景観を満喫できます。夏には15階建て27戸の「ロイヤルシティビュー庚午(仮称)」(西区)の販売も予定しています。

―今年の抱負をお願いします。

 「春日野」では、5月に新たな住宅展示を実施します。9社10棟の最新モデルハウスを体感でき、半年後には分譲します。今後も関連会社の東亜ハウス、TOAコミュニケーションとの連携を強め、総合力を発揮しながら「土地づくり・家づくり・街づくり」に取り組み続けます。


ロイヤルシティビュー舟入通り(仮称)外観パース
概要
社名東亜地所株式会社
所在地〒730-0037
広島市中区中町7-16(ポレスター広島3階)
Tel 082(244)1011
設立1965年6月
事業内容不動産の売買、仲介、鑑定評価、賃貸および管理
土地造成、土木建築工事ならびに造園の設計、施工、管理および請負
資本金4億1000万円
売上高38億9931万円(2020年3月期)
従業員数24人(2020年3月現在)
支社・支店山口営業所
関連会社東亜ハウス(株)、TOAコミュニケーション(株)
ホームページhttp://www.toajisho.co.jp

企画・制作/中国新聞社地域ビジネス局
※2021年中国新聞元旦号に掲載したものです。