中国新聞LEADERS倶楽部
2019年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

施設拡充 開かれた教育へ一歩

photo
学長 焼廣 益秀 (やけひろ ますひで)

―西日本豪雨で東広島キャンパス(東広島市)が被害を受けました。

土砂が大量に流れ込み、周辺の道路は寸断されました。何より優先したのは学生の安全確保です。教職員が連絡システムを活用し、一人一人の安否を確認。学生と教職員は無事でした。ただ、被災の影響でしばらく休講せざるを得ませんでした。

―被災を経験して感じたことは。

多くの学生が復旧作業を手伝い、卒業生や地域の方々に助けていただきました。7月31日に講義を再開。人と人とのつながりが復旧や減災への原動力になることを実感しました。周りの人とのコミュニケーション能力を高め、自然災害にもしっかり対応できる学生を育てて社会に送り出すことが使命だと感じています。

防災・危機管理学の授業に早速、災害時の取り組みを時系列でまとめる「マイ・タイムライン」の作成を取り入れました。被災した学生は、さまざまな自然災害を自分のこととして考えられるようになりました。

―施設の整備が進んでいます。

昨年、開学20周年を迎えた本学は、あらゆる方々が学校を訪れて学び合える「ユニバーサルキャンパス」の実現を目指しています。東広島キャンパスでは3月までに陸上競技場を兼ねた人工芝のグラウンドが完成。開設イベントを5〜6月の間に計画しています。健康相談やトレーニングができる健康増進センター(仮称)も2020年度に開設する予定です。

呉キャンパス(呉市)には教育会館(仮称)が9月に開館予定。憩いの広場「広島国際大学呉ローズガーデン」(仮称)も新設し、地域の方々と4月にバラの植栽会を予定しています。

昨年「広国市民大学」を開学。IT活用、子育てをテーマとした学びが好評です。

―20年4月、健康スポーツ学部と健康科学部が始動する予定です。

健康スポーツ学部は運動指導を通じた健康づくりのプロを育成。健康科学部は福祉、心理、栄養、経営などを学び、健康増進や組織活性化に貢献できる人材を育みます。

従来の専門知識を軸に、幅広い学問領域を横断的に学ぶ教育プログラムを設定。高い専門性を前提としながら、他の専門分野の人たちとつながり視野を広げていく、健康・医療・福祉分野の総合大学として「専門職連携教育」を推進していきます。

photo
呉キャンパスの教育会館(仮称)イメージ
概要
大学名広島国際大学
所在地〒739-2695
東広島市黒瀬学園台555-36
Tel 0823(70)4922(企画課)
設立1998年4月
大学院・専攻科看護学研究科、医療・福祉科学研究科、心理科学研究科、薬学研究科、助産学専攻科
学部・学科保健医療学部=診療放射線学科、医療技術学科
総合リハビリテーション学部=リハビリテーション学科、リハビリテーション支援学科
医療福祉学部=医療福祉学科
心理学部=心理学科
看護学部=看護学科
薬学部=薬学科
医療栄養学部=医療栄養学科
医療経営学部=医療経営学科
取得できる資格診療放射線技師、臨床工学技士、臨床検査技師、救急救命士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、義肢装具士、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、保育士、認定心理士、看護師、保健師、薬剤師、管理栄養士、診療情報管理士、医療情報技師、公認心理師、臨床心理士、助産師
ホームページhttp://www.hirokoku-u.ac.jp/