中国新聞LEADERS倶楽部
2019年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

地域と共にエキキタ盛り上げ

photo
代表取締役社長 佐野 讓顯 (さの よしあき)

―新社屋に移転しました。

昨年9月、JR広島駅北口の「エキキタ 二葉の里5街区」に建設した本社屋への移転が完了し、新社屋からの放送に切り替えました。3月に落成してから半年余りでシステムを稼働。地デジ以降の民放テレビ局では最短です。喜び合った数時間後、22分間正常に放送できない事態が起こりました。通信事業者の機器の故障が原因です。全国10局に番組が届かない「もらい事故」で、問い合わせが相次ぎました。当社起因の事故ではないことを説明すると、県民の皆さまからは、温かい激励の言葉を掛けていただきました。

―エキキタが一層注目を集めています。

昨年6月、新社屋の1〜3階に「広島コンベンションホール」がオープンしました。JR広島駅から徒歩約5分の利便性と、音響や照明、無線LAN環境など設備の良さが魅力です。昨年末までに110件を超える会議やイベントが開催されました。

今春には隣接地に大和ハウス工業の複合棟が完成予定です。オフィスやホテルを備え、オープン後には、当エリアの昼間の人出は2千人規模になると見込まれます。

―新しい通りが生まれます。

当社と大和ハウス工業の複合棟の間に、幅約20メートル、長さ約100メートルの「二葉の里通り(仮称)」が開通します。4月に予定している開通イベントでは、公募で決まった名称を発表します。広島テレビの人気番組も多数参加して盛り上げます。

二葉の里5街区の再開発プロジェクトを手掛ける当社を含む3社は、広島県や市、東区と連携し、「地域貢献」と「にぎわいの創出」実現のために力を尽くします。

―働き方改革も進めています。

パソコンの事務作業を自動化するソフトRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を導入しました。毎朝9時にビデオリサーチ社が発行する「視聴率日報」を自動で社員に送信。9時前に出社する必要がなくなりました。勤務表の未入力者へも催促メールを自動送信し、未入力者が激減しました。このほかにも、単純業務をRPAに任せるシナリオを開発中です。4月にスタートする働き方改革関連法に向けて真摯(しんし)に取り組み、従業員のゆとりの創出に力を入れています。

photo
「二葉の里通り(仮称)」のイメージ
概要
社名広島テレビ放送株式会社
所在地〒732-8575
広島市東区二葉の里3-5-4
Tel 082(207)0404
設立1962年9月
事業内容放送事業
資本金2億円
売上高108億6600万円(2018年3月期)
広テレグループ連結決算
従業員数132人(2018年10月現在)
支社・支店東京支社、大阪支社、福山支社
関連会社広島放送(株)、(株)AttractOne
ホームページ http://www.htv.jp/ (広島テレビ放送)
http://www.hir.conventionhall.jp/ (広島コンベンションホール)
コンベンションホール問い合わせ
Tel 082(567)8611