中国新聞LEADERS倶楽部
2019年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

共学化•教育学部 変革スタート

photo
理事長 武田 義輝 (たけだ よしてる)

―男女共学化がスタートします。

今年4月、広島文教女子大は男女共学制に移行し、校名を「広島文教大」に変更予定です。これは女子教育にまい進してきた本学園70年の歴史の中で2度目の開学といえる大きな出来事です。本学は実践力のある教育者の育成を目標の一つに掲げています。中学や高校の教員は小学校に比べて男性の比率が高いことから、男子学生に門戸を開くことは有効です。また、女性の社会進出が一般的となった現代では、男性と対等に意見を交わし、協調して働くことができる人材が求められます。社会の変化に合わせて変革を決断しました。

―学部の再編成を行い、教育学部を新設します。

共学化と同時に、教育学部教育学科を開設します。初等教育専攻(定員120人)と中等教育専攻(定員30人)で構成。後者では中高の国語と英語の教員を養成します。外国人教員が常駐し、自主学修のためのフロア「セルフ・アクセス・ラーニングセンター(SALC=サルク)」を備えた英語学修専用施設「BECC(ベック)」との緊密な連携で、小学校での英語の教科化にも対応しています。また4月に完成する教育学部棟には模擬授業専用教室を作り、情報通信技術(ICT)の機器を使った教育設備も整備します。

―付属高校のコース編成を改革しました。

以前は大学進学を目指すAコースと専門学校を含めた多様な進路希望に対応するBコースの二つに分かれていました。昨年からはAコースに学習レベルの高いスーパー選抜クラス、Bコースにはスポーツに集中できるスポーツ・カルチャーコースを設立しました。目的意識の明確な生徒に適した授業を行っています。さらに、新設した教育者育成コースで学ぶ生徒には原則全員に広島文教大教育学部に進学する道筋を示し、7年間かけて育成します。

―大学として目指すものは。

大学通信が調査した2018年「全国の高等学校進路指導教諭が評価する大学」の「教育力が高い大学」で、中四国地区私大の第1位に選ばれました。本学は、学園生一人一人に沿ったきめ細かい指導が可能です。これからも、学園生の潜在能力を精いっぱい伸ばし、自ら学ぶ力を育む環境づくりに力を注ぎます。

photo
教育学部棟のイメージ
概要
法人名学校法人武田学園 広島文教女子大学
所在地〒731-0295
広島市安佐北区可部東1丁目2-1
Tel 082(814)3191(代表)
設立1948年
設置広島文教女子大学大学院
広島文教女子大学
広島文教女子大学付属高等学校
広島文教女子大学付属幼稚園
学部・学科等
  • 広島文教女子大学大学院
    人間科学研究科(教育学専攻)
  • 広島文教女子大学
    人間科学部(初等教育学科、人間福祉学科、心理学科、人間栄養学科、グローバルコミュニケーション学科)
  • 広島文教女子大学付属高等学校
    Aコース(スーパー選抜クラス、進学選抜クラス、こども教育クラス)
    Bコース(スポーツ・カルチャークラス、総合進学クラス)
  • 広島文教女子大学付属幼稚園
取得できる資格
※大学のみ
幼稚園教諭、小学校教諭、中学校教諭(国語・英語)、高等学校教諭(英語)、栄養教諭、司書、保育士、公認心理師、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、栄養士、管理栄養士など
ホームページhttp://www.h-bunkyo.ac.jp