中国新聞LEADERS倶楽部
2019年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

多様な「人財」 輝く職場づくり

photo
代表取締役社長 小松 節子 (こまつ せつこ)

―昨年3月、ISO9001:2015の認証を取得しました。

自動車工場の生産設備・装置のメンテナンスやスパイラルダクトの設計製造などを担う企業として、品質マネジメントに関する国際規格を取得することは大きな意味がありました。短い期間で、広島、防府、九州の国内全事業所で取得できたのは、社員の情熱と団結あってこそです。さらなる改善を行い、お客さまに信頼される高い品質のサービス、商品を提供していきます。

―新たな海外拠点を設けますね。

東南アジアにはフィリピン、マレーシアに拠点がありますが、タイに会社設立を検討しています。自動車会社・部品会社などが集積するエリアで工場内のメンテナンスを請け負います。まずは80〜100人が働くメキシコ・グアナファト州の事業所の規模を目指します。

タイのバンコクには、東南アジア諸国連合(ASEAN)を統括する会社をつくる方針です。ミャンマーなど各国の企業・政府関係者からもお誘いをいただいており、採算性や「人財」確保を見極めていきます。

―社員教育や採用が重要になります。

語学ができればいい、というものではありません。技術とマネジメントの両方が分かる「人間力」が求められます。そのための教育、研修に力を入れています。国籍、性別、学歴、年齢、新卒・既卒などにとらわれず多様な人材が活躍できるダイバーシティ経営を心掛けています。

この春には、企業主導型保育園を東広島市の寺家地区に開園する予定です。地域枠と協定を結んだ市内の企業十数社分の保育枠の確保で定員を60人とし、育休明けの女性や子育て世代が多様な働き方ができる環境整備と、70カ国以上の留学生が学ぶ広島大が市内にあるので「4カ国語で学ぼう」といったプログラムを考えています。

―経営で大切にしていることは。

「感謝、感激、感動」を、お客さまと社員が共に感じることができる商品やサービスの提供を理念として掲げています。モノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)が脚光を浴びていますが、取引先企業のニーズに応えるには、結局は人に行きつきます。社員を「人財」としてとらえ、成長を促していきます。

photo
品質マネジメントシステム運用の決起大会
概要
社名株式会社メンテックワールド
本社所在地〒739-0146
東広島市八本松飯田2-2-1
Tel 082(436)4800
創業1961年10月(設立 1965年10月)
事業内容自動車工場などの環境保全を含む生産設備のトータルメンテナンス、環境事業、ダクト製造事業、スパイラル鋼管などの生産施工の一貫体制
資本金9674万円
売上高19億50万円(2018年1月期)
従業員数135人(2018年8月)
支社・支店・工場広島事業所、防府事業所、九州事業所、九州工場
関連会社ASEPHIL MENTECWORLD,INC
MENTECWORLD MEXICO,S.A.DEC.V.
MENTECWORLD MALAYSIASDNBHD
ホームページhttp://www.mentecworld.co.jp