中国新聞LEADERS倶楽部
2019年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

原点回帰から飛躍果たす年に

photo
代表取締役社長
最高経営責任者
民秋 清史 (たみあき きよふみ)

―自動車部品事業では昨春、マツダの「取引成績優秀賞」を4年連続で受賞しました。

この賞はマツダのサプライヤーの中で、特に品質や技術力に優れた企業に贈られます。当社は創業当時から車の騒音や振動を抑制する部品を、供給してきました。賞を5年連続で受賞した会社は過去にありません。今年も高機能の部品を投入し、ぜひ実現したいと思います。

―サッカーボールが国際大会の試合球に次々採用されています。

現在、欧州サッカー連盟(UEFA)が主催する欧州リーグの全試合で当社のボールが使われています。また5日にアラブ首長国連邦で開幕する「AFCアジアカップ」の試合球にも昨年5月、採用されました。どちらもアジアの企業では初の快挙です。欧州サッカーは世界最大級の市場。当社にとってさらなる成長のチャンスと感じています。

―新規事業もスタートしました。

3人制バスケットボール「3×3」を気軽に楽しんでもらうおうと、「モルテンB+(ビープラス)」を昨秋、始めました。フロアやゴールを含むゲームユニットの販売やレンタルを開始し、イベント会場などで簡単にプレーができる環境を整えています。医療・福祉機器は昨年、病院や施設向けにベッドからの転落や、その周辺での転倒事故を未然に防ぐための見守りセンサー付き標準マットレス「テルサコール」を投入しました。

―社内でもユニークな取り組みが進んでいます。

昨年10月、1年間の短期経営方針を「今日誰かに伝えよう『ありがとう』」と定めました。当社の経営理念の一つに「人の和」があります。改めて原点に戻り、社内のコミュニケーションを円滑に進めたいという願いを込めています。

その一環で、感謝したい人と感謝される人が食事をする時、1人1回3900円(サンキュー)まで補助金を出す制度「ありメシ」を実施しています。開始から約2カ月で400人以上が申請するなど社内の活性化に貢献しています。

自動車部品とスポーツ用品、医療・福祉機器の分野で、世の中をより良い場所にするお手伝いを続けていきます。

photo
飛躍を誓う新昇格者
概要
社名株式会社モルテン
本社所在地〒733-0013
広島市西区横川新町1-8
Tel 082(292)1381
設立1958年11月
事業内容
  • 競技用ボールとスポーツエキップメントの製造と販売
  • 自動車用関連部品の製造と販売
  • 医療・福祉・健康機器の製造と販売
  • 産業資材の製造と販売
  • 親水機材の製造と販売
資本金3億1614万円
売上高415億円(単体・2018年9月期)
従業員数単体657人、グループ全体3800人(2018年9月現在)
支社・支店・工場30拠点(グループ全体)
関連会社16社
ホームページhttp://www.molten.co.jp