学力アップなび

子育てのページ

  • 重機を操作、林業現場体感 庄原実業高生が研修 (10/16)

     庄原市西本町の庄原実業高の生徒が、同市総領町黒目の国有林で、林業で扱う高性能重機の特徴や使い方を学んだ。林業に関心を持ってもらおうと、広島北部森林管理署と広島県森林組合連合会が森林環境教育の一環で開...

  • 陽明文庫展で表具の美学ぶ 広島県熊野で中学生 (10/14)

     広島県熊野町の熊野東中の1年生が13日、同町の筆の里工房を訪れ、開催中の展覧会「陽明文庫展 ユネスコ世界記憶遺産 近衛家1000年の栄華」(中国新聞社など主催)について、平安時代から近衛家が守り継い...

  • 岡山県内私立高の定員5550人 21年度23校 (10/13)

     岡山県私学協会は12日、2021年度の県内の私立高23校の募集定員と入試日程を発表した。募集定員の総数は前年度より45人少ない5550人で3年ぶりに減った。

  • プロの旋律に感動 廿日市、平良小でコンサート (10/8)

     廿日市市芸術文化振興事業団は7日、プロの音楽家を小学校に派遣する演奏会「ほほえみコンサート」を平良小(廿日市市)で開いた。ソプラノ歌手枝松瞳さんとチェリスト宮本隆一さん、ピアニスト占部久美子さんが奏...

  • 能登原小児童が米の収穫体験 福山市沼隈、10キロ収穫見込む (10/3)

     福山市沼隈町の能登原小児童が2日、近くの田んぼで育てた米の収穫を体験した。JA福山市沼隈グリーンセンターや地元住民の協力で、児童が今春から田植えや除草剤をまくなど世話をしてきた。

  • 放課後児童ク、充実議論 島根県庁で推進会議が初会合 (10/2)

     島根県が島根創生計画に掲げる放課後児童クラブの充実に向けて、県内19市町村とつくる推進会議の初会合が1日、県庁であった。利用時間の延長に踏み切るクラブや支援員の研修の受講者が増えるなど県の施策に対応...

  • 私立高のICT整備に補助 山口県が3000万円上限 (9/30)

     山口県は、県内の私立高がICT(情報通信技術)を活用した教育環境を整備するためにかかった費用について、3千万円を上限に各校に補助する。生徒全員にタブレット端末を貸与する費用などに充ててもらう。新型コ...

  • 手話甲子園をネット開催 倉吉で27日開会式 (9/25)

     鳥取県を舞台に、手話を使った演技の表現力や技術の正確さを競う第7回全国高校生手話パフォーマンス甲子園が27日、インターネット開催される。新型コロナウイルス感染拡大を受け、会場での開催から変更。予選を...

  • 呉の倉橋中、子ども服回収し世界へ ユニクロ店長が出前授業 (9/24)

     呉市の倉橋中の生徒が、着なくなった子ども服を世界中の服を必要としている人たちに届ける活動を始めた。カジュアル衣料品店ユニクロなどを展開するファーストリテイリング(山口市)の社会貢献事業「届けよう、服...

  • 菊池桃子さんが仕事と育児語る 山口で11月講演 (9/18)

     俳優業の傍ら短大教員を務める菊池桃子さんの講演会「共に働き、共に生きる〜新しい時代に伝えたい言葉」が11月15日午後1時半から、山口市中央の市民会館である。山口県労働協会が創立55周年記念で企画した...