学力アップなび

子育てのページ

  • 子ども未来館、21年度に基本構想 福山市が方針 (9/16)

     福山市議会は15日、定例会の一般質問を続けた。枝広直幹市長は、市が整備を検討する「子ども未来館」(仮称)に関し、2021年度に基本構想をまとめる方針を示した。市民や有識者の意見も幅広く聞き、必要な機...

  • イラスト描いて絵本作家と交流 山口で10月11日 (9/15)

     「給食番長」「ぼくだってウルトラマン」などで知られる絵本作家のよしながこうたくさんによる読み聞かせとイラストを描く催しが10月11日午後1時半から、山口市中園町の山口情報芸術センターである。無料。

  • 少年は新涯V、少女は霞 中国新聞南部杯球技大会 (9/15)

     中国新聞南部杯少年少女親善球技大会(中国新聞南部地区販売店会主催)が13日、福山市箕沖町の日本化薬グラウンドと同市箕島町の福山テクノ公園運動場であった。新型コロナウイルス対策のため、2会場に分けて開...

  • 卒業生と共演、響き力強く 日彰館高吹奏楽部、半年遅れの定演 (9/15)

     新型コロナウイルスの影響で、半年遅れの開催となった日彰館高(三次市吉舎町)の吹奏楽部定期演奏会。今春の卒業生7人も市外から駆け付け、ステージを盛り上げた。同市三次町の市民ホールきりりの大ホールに力強...

  • 少人数学級編成、維持求め請願書 島根県議会に4団体 (9/13)

     教職員組合や女性の会など4団体でつくる「ゆきとどいた教育をすすめる島根の会」は11日、新型コロナウイルスの感染防止などを理由に、島根県が2021年度から計画する公立小中学校の少人数学級編成の縮小を凍...

  • 個人25点と7団体入賞 備後地区、生徒児童発明くふう展 (9/13)

     子どもたちの発明作品を募った備後地区生徒児童発明くふう展(広島県発明協会備後支会など主催)の審査会があった。福山、尾道、三原、府中、庄原、三次市の小中学校から応募された51点を審査し、個人賞25点、...

  • 雨天中止で抽選、12チーム準決へ 中国新聞社旗、広島県西部少年野球 (9/13)

     中国新聞社旗広島県西部少年野球選手権(県西部少年野球協議会、中国新聞社主催)は初日の12日、大竹市内などで1、2回戦を予定していたが、雨天中止になった。20日の準決勝に進む12チームは抽選で決めた。

  • 広島県内私立高が定員発表 全日制は82人減 (9/12)

     広島県私立中学高校協会(広島市中区)は11日、来年春の私立高の全日制の入学定員を計8252人と発表した。今年春と比べて82人減る。併設中から進学する見込みの2334人を除く一般募集は32校が実施し、...

  • 広島県内公立高426人減 来春の入学定員、全日制10校学級減 (9/12)

     広島県教委は11日、来年春の公立高の入学定員を1万5282人と発表した。少子化の影響で、全日制本校10校の学級数を減らすなどしたため、今年の春と比べて426人減少。記録の残る1989年以降では9年連...

  • 川の生き物観察、環境を考えよう 府中市で27日催し (9/12)

     川の生き物を観察し環境への理解を深める小中学生向けのイベントが27日午前9時半〜午後0時半、府中市土生町の市こどもの国ポムポム周辺である。芦田川の支流、出口川の河川敷で芦田川環境マネジメントセンター...