学力アップなび

新聞で磨く小論文

  • 【第4回】講評 さあ、議論を始めよう 特別編集委員 江種則貴 (11/3)

     今でこそコロナ禍のため、街角で外国人観光客を見掛けなくなりました。それでも、いや応なくグローバル化が進む現代です。異国の友人がいたり、家族旅行や留学で海外の地を踏んだりと、きっと皆さんは多様な異文化...

  • 【第4回】その他の解答例と講評 (11/3)

     「新聞で磨く小論文」への応募の中から、よく書けている解答を紹介します(学年、五十音順)。本紙編集委員たちが講評します。【解答例】広島国際学院高3年 織田愛さん(18)=呉市 ニューヨークで行われたテ...

  • 【第4回】ポイント 「定義付け」と「理由付け」考えよう 駿台予備学校 池尻俊也講師 (11/3)

     基本通り設問の要求を確認します。 (1)記事を要約する (2)人種差別をなくすために異文化を理解することについての意見を述べる 注意したいのは、感情的な差別批判に終始しないことです。小「論」文と言う...

  • 次回(第5回)の問題 (11/3)

     「核兵器禁止条約1月発効」の記事を読み、内容を200字程度にまとめたうえで、核兵器廃絶の実現に向けて、あなたは社会に対してどのように行動するか、その理由も合わせて計800字以内で述べなさい。(202...

  • 【第3回】問題 (10/6)

     次の記事を読み、記事の内容を200字程度にまとめたうえで、新型コロナウイルス禍でのスポーツの在り方について意見を計800字以内で述べなさい。なお、その際、どのような立場からの意見であるかを示すこと。...

  • 【第3回】解答例 豊平中3年 杉野晴菜さん(15)=広島県北広島町 (10/6)

     二〇二〇年甲子園高校野球交流試合が十日、兵庫県西宮市の甲子園球場で三十二校が参加して開幕した。新型コロナウイルス禍で、今春の第九十二回選抜大会と今夏の第一〇二回全国選手権大会が中止。ようやく高校球児...

  • 【第3回】講評 締めは「ちいげさ」も 特別編集委員 江種則貴 (10/6)

     落語の締めくくりを「落ち」と言いますよね。客をさんざん笑わせた上で、最後の大爆笑といくか、逆に、しんみりさせるか。出だしの「つかみ」とともに最も重要な部分で、そもそも落ちない話は落語とは呼べないので...

  • 【第3回】その他の解答例と講評 (10/6)

     「新聞で磨く小論文」への応募の中から、よく書けている解答を紹介します(学年、五十音順)。本紙編集委員たちが講評します。【解答例】呉青山高2年 中井駿太さん(17)=呉市 2020年の甲子園高校野球交...

  • 【第3回】ポイント 志望する学部の視点に立とう 駿台予備学校 池尻俊也講師 (10/6)

     まず、先月の復習として設問の要求を確認します。 (1)記事を要約する (2)新型コロナウイルス禍でのスポーツの在り方についての意見を述べる (3)意見論述の立場を示す 今回のポイントは(3)です。小...

  • 次回(第4回)の問題 (10/6)

     「差別撤廃の思い力に」の記事を読み、内容を200字程度にまとめたうえで、人種差別をなくすために異文化を理解することについて意見を計800字以内で述べなさい。【第3回】次回(第4回)問題(PDF)【第...