学力アップなび

【教員の長時間労働深刻】食事する気力なく布団に… 広島県内の女性教諭

2019/3/11 11:52
公立中学での労働実態を語る女性教諭。仕事の資料をつづるファイルが膨らむ

公立中学での労働実態を語る女性教諭。仕事の資料をつづるファイルが膨らむ

過労死ライン超す残業 幅広い業務 手当不支給

 教員の長時間労働が深刻だ。文部科学省は1月、働き方改革の柱として「残業は月45時間まで」とする指針を打ち出した。だが現場からは「実態と懸け離れている」という指摘もある。教員の疲弊は、子どもの学校生活に影響を及ぼす。保護者や地域も、共にこの問題を考えたい。まずはある教員の声に耳を傾けてみる。(奥田美奈子)
(ここまで 175文字/記事全文 1561文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ

 あなたにおすすめの記事

まなびの最新記事
一覧