学力アップなび

公平な判断に大学側苦慮 大学入試改革、対応分かれる「主体性の評価」

2019/5/12 20:35
文部科学省が公表した、2020年度以降の大学入試で用いられる「調査書」のイメージ

文部科学省が公表した、2020年度以降の大学入試で用いられる「調査書」のイメージ

 2020年度の大学入試改革を巡り、中国地方の国公立大で対応が分かれた「主体性の評価」。背景には「学ぶ意欲」という捉えにくいものを、一般入試で判断することへの大学側の苦悩がある。本番まで残り1年8カ月。高校側からは早期に具体的な配点や評価方法の開示を求める声が上がる。
(ここまで 134文字/記事全文 1664文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

まなびの最新記事
一覧