学力アップなび

発達障害の子どもにスケジュール表作ろう 「自由な時間」の過ごし方手助け

2019/6/24 19:30

 子どもたちが楽しみにしている夏休み。だが発達障害の子どもとその親にとっては、苦手な「自由な時間」を持て余す期間になりがちだ。広島市の療育施設などで30年以上支援を続ける角野(かどの)直美さん(62)は、「スケジュール表作り」が子どもを伸ばす助けになると勧める。診断された人だけでなく、障害の傾向がある「グレーゾーン」の子にも活用してほしいと呼び掛ける。
(ここまで 177文字/記事全文 1626文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 「スケジュール表で予定を何度でも見返すことができると、子どもは安心します」と話す角野さん
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

まなびの最新記事
一覧