学力アップなび

工作で学べる理科の不思議 夏休み、おすすめ自由研究【動画】

2019/7/20 20:44
戻り車

戻り車

 さあ夏休み。自由研究を何にしようか迷っている人も多いのではないでしょうか。そこで、理科の学びに役立つ工作を広島県内の理科の先生に紹介してもらいました。小学生のみなさん、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 ▽ゴムや音の性質調べて

 教えてくれたのは、県内の現役の理科教諭と元教諭計約40人でつくる科学教育研究協議会広島支部のみなさんです。各地で工作のワークショップなどを開き、自然科学の魅力を子どもに伝えています。

 今回教えてもらった工作は、「戻り車」「一弦琴(いちげんきん)」の二つです。戻り車は、プラスチックのコップや輪ゴムで作る車です。ゴムがねじれ、戻ろうとする力を利用して動きます。前方へ転がすと、手前に戻って来る面白い動きをするのがポイントです。ゴムの「弾性エネルギー」に興味を持つきっかけになります。

 一弦琴は、プラスチック容器や木の棒、1本の弦などの簡単な材料で作る楽器です。音は物が振動することによって生じるといった、音の性質を学ぶのに役立ちます。

 同支部事務局長で、広島なぎさ中高(広島市佐伯区)の堀内和徳教諭(43)は「なぜ動くのか、なぜ音が出るのか。観察したり調べたりして楽しんでほしいです」と話しています。(久保友美恵)

この記事の写真

  • 一弦琴
  • 堀内和徳教諭

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

まなびの最新記事
一覧