学力アップなび

国交省が道路政策素案

2019/12/14 20:22
東京支社・桑原正敏

東京支社・桑原正敏

 国土交通省の審議会は、おおむね20年後を見据えた新たな道路政策ビジョンの素案をまとめた。大災害を引き起こす気候変動、人口減少や高齢化社会の進展などを考慮。車の自動運転など最新技術の普及も想定する。交通インフラ整備の「道しるべ」となるビジョンは来年にも決定される。(12月11日付朝刊)

豪雨や高齢化 課題に対応
(ここまで 160文字/記事全文 777文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

本を読もうの最新記事
一覧