学力アップなび

私立中の入試、分散・長期化 広島都市圏、1月下旬の数日に集中→1〜2月の1ヵ月間に

2019/12/23 8:14

 広島都市圏の中学入試の日程に「異変」が起きている。例年1月下旬の数日間に集中していたが、2019年度は1月6日〜2月2日に分散。国公私立中の受験シーズンは約1カ月間の長丁場となる。少子化への危機感を強める私立中が、児童の受験機会を拡大するためだ。19年4月に開校した広島県立の中高一貫校、広島叡智(えいち)学園(大崎上島町)が11月の入試開始に踏み切ったことも異変の引き金となった。
(ここまで 192文字/記事全文 1528文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

まなびの最新記事
一覧