学力アップなび

密集避けて世羅キャンプいかが 休校・催し自粛で利用件数50倍も

2020/4/2 17:05
せら香遊ランドのキャンプスペースで1泊し、朝のだんらんを楽しむ家族連れ

せら香遊ランドのキャンプスペースで1泊し、朝のだんらんを楽しむ家族連れ

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、人が密集しにくく、ストレス発散できるとして、広島県世羅町内のキャンプ場利用客が急増している。学校の臨時休校やイベント自粛などが本格化した3月は、昨年同月比で利用件数が50倍になった施設も。町などは安心して過ごせるよう、施設の消毒徹底や比較的利用が少ない平日の来場を呼び掛ける。

 町中心部から車で10〜15分ほどにある同町京丸のレクリエーション施設せら香遊(こうゆう)ランド。6区画あるオートキャンプ場やフリーサイトは、昨年3月は1件の利用しかなかったのに今年は54件に一気に増えた。

 家族5人でテントを張った広島市安芸区の公務員木坂翔太さん(36)は「子どもが外出しづらい状況が続き、人が密集しない場所を探していた。たまったエネルギーを自然の中で発散してほしい」と話す。
(ここまで 354文字/記事全文 676文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

子育てのページの最新記事
一覧