学力アップなび

通学バス添乗人員集め苦心 広島特支学校、密集回避へ増便

2020/6/7 20:24
スクールバスが並ぶ市立広島特別支援学校。増便に合わせた人員確保に苦労している

スクールバスが並ぶ市立広島特別支援学校。増便に合わせた人員確保に苦労している

 広島市南区出島の市立広島特別支援学校が、スクールバス内で子どもたちを見守る職員の確保に苦労している。新型コロナウイルス対策で車内の密集を防ごうと、バスの台数を倍増するのに合わせて募集を開始。しかし朝早い仕事ということもあって応募が少なく、計画の半分も集まっていない。
(ここまで 134文字/記事全文 657文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

子育てのページの最新記事
一覧

  • 男子個人戦は国広さん優勝 高校将棋広島県予選 (5/17)

     2年ぶりに開催された将棋の第57回全国高校選手権広島県予選(日本将棋連盟、県高文連、中国新聞社など主催)は16日、広島市中区の中国新聞ビルで最終日を迎えた。男子個人戦は10校の17人がスイス式5回戦...

  • 小中高の運動会「無観客開催を」 呉市教委 (5/16)

     政府が新型コロナウイルスの緊急事態宣言を広島県に出したのを受け、呉市教委は全61の市立小中高校に対し、運動会、体育大会を開く際、無観客とするよう通知した。通知は14日付。 

  • 女子個人戦で川西さんV 高校将棋広島県予選開幕 (5/16)

     将棋の第57回全国高校選手権広島県予選(日本将棋連盟、県高文連、中国新聞社など主催)は15日、広島市中区の中国新聞ビルで2年ぶりに開かれた。新型コロナウイルス禍の「3密」を回避するため、初めて2日制...

  • 移住サポート役、育児世代を募る 廿日市の市民団体 (5/15)

     廿日市市で若い女性のサポート活動などに取り組む市民団体「Firste(ファステ)」が、同市への移住を検討している人を支援する「移住コンシェルジュ」を募集している。主に子育て世代を対象に、情報発信や移...

  • 子ども食堂支援2者へ各200万円贈る 中国新聞社会事業団 (5/14)

     中国新聞社会事業団(山本一隆理事長)は13日、公益財団法人ひろしまこども夢財団(広島市中区)とNPO法人広島こども食堂支援センター(同)にそれぞれ200万円を贈った。4月に受け付けを始めた「子ども食...