学力アップなび

ネットで育児支援着々 広島県事業、県北で広がる

2020/6/10 16:31
タブレット端末を使って赤ちゃんマッサージの方法を伝える三次市の保健師たち

タブレット端末を使って赤ちゃんマッサージの方法を伝える三次市の保健師たち

 乳幼児を育てる親をインターネットを介して支援する広島県の事業「オンラインおしゃべり広場」が県北部でも広がっている。新型コロナウイルスの影響で外出や対面が難しいことから、県が各市に貸与したタブレット端末を使って実施。三次、庄原両市では、ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を利用し、保健師や保育士と親子が交流した。
(ここまで 158文字/記事全文 608文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

子育てのページの最新記事
一覧