学力アップなび

副教材で農業学んで JA山口県、県内小学5年生に贈る

2020/6/11 14:21
農業と暮らしの関わりを伝えるテキストを手にする金子組合長

農業と暮らしの関わりを伝えるテキストを手にする金子組合長

 JA山口県は、県内の小学5年生約1万900人に農産物の生産や流通の仕組みを学ぶテキスト「農業とわたしたちのくらし」を贈った。社会科や総合学習の副教材として使ってもらおうと、JAバンクグループが2008年度から全国の小学校に配っている。
(ここまで 118文字/記事全文 343文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

子育てのページの最新記事
一覧