学力アップなび

妊婦の不安、遠い収束 コロナ禍、育児のスタート「孤独」

2020/6/14 9:46
広島市内の妊婦。「感染者が減っている今でも万が一のことを考えると心配は尽きない」と語る

広島市内の妊婦。「感染者が減っている今でも万が一のことを考えると心配は尽きない」と語る

 コロナ禍の中で、妊娠・出産に直面する女性たちの戸惑いが続いている。全国で新型コロナウイルスの感染者が減り、職場は「通常モード」に逆戻り。広島県内でも、警戒を続ける妊婦の周りで感染への危機感は薄れている。里帰り出産は今も控えるように求められ、産婦人科に入院中の面会も制限される。孤独な育児のスタートに不安が募る。
(ここまで 156文字/記事全文 1271文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

子育てのページの最新記事
一覧