学力アップなび

中学生ら「原始林守る」 広島県の宮島無許可伐採に衝撃、15年から種採取や植樹

2020/7/4 14:45
種から育てた木の苗の世話をする宮島中宮島文化部の生徒たち

種から育てた木の苗の世話をする宮島中宮島文化部の生徒たち

 広島県が世界遺産で天然記念物の宮島弥山原始林(廿日市市)で国の許可を得ずに樹木を伐採していた問題を巡り、森林保全に取り組む地元の子どもたちが心を痛めている。宮島中では、生徒が島内の木の種を採取し3年以上かけて苗を育て、植樹する事業を2015年から続ける。県の不法行為に衝撃を受けながらも「原始林を守る活動の大切さを伝えたい」と気持ちを新たにしている。
(ここまで 176文字/記事全文 888文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

子育てのページの最新記事
一覧