学力アップなび

広島市立校の感染、わが子の学校? 連絡メール、校名伏せ混乱

2020/7/23 16:01
市立学校で感染者が出たことを伝えるため、学校が保護者に一斉送信したメール

市立学校で感染者が出たことを伝えるため、学校が保護者に一斉送信したメール

 広島市南区の市立学校に通う子どもが新型コロナウイルスに感染したことを巡り、他の市立小中高校などから連絡メールを受け取った保護者が「自分の子どもが通う学校で発生した」と誤解するケースが多発した。感染した子どもの校名などを伏せた影響もあってメールの文面が分かりにくかったため。各校や市教委に問い合わせが相次ぎ、市教委は22日、「混乱を招いた」と陳謝した。

 連絡メールは市教委が文面を用意し、各校が21日、保護者に一斉送信した。「市立学校(本校以外)の児童生徒の感染が判明」「当該校では校内消毒や濃厚接触者の調査などのため22日から24日まで全学年で臨時休業する」などと記されていた。

 小学2年の長男がいる安佐南区のパート女性(35)は「当該校などと堅い言葉が並び、わが子の学校で感染者が出たと勘違いした」。西区の40代主婦も「保護者間で『明日は休校?』と尋ね合うメッセージが飛び交った」と明かした。

 市教委には「文章が理解しにくい」との指摘や、「うちも休みになるのか」との問い合わせが相次いだ。独自に易しい文章に書き換えたり、「明日は通常通りの登校です」と追加のメールを送信した学校もあったという。

 荒瀬尚美教育次長は記者会見で「分かりにくい行政用語を使ってしまった。混乱を招き、申し訳なかった」と述べた。(明知隼二、久保友美恵) 

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

子育てのページの最新記事
一覧

  • 男子個人戦は国広さん優勝 高校将棋広島県予選 (5/17)

     2年ぶりに開催された将棋の第57回全国高校選手権広島県予選(日本将棋連盟、県高文連、中国新聞社など主催)は16日、広島市中区の中国新聞ビルで最終日を迎えた。男子個人戦は10校の17人がスイス式5回戦...

  • 小中高の運動会「無観客開催を」 呉市教委 (5/16)

     政府が新型コロナウイルスの緊急事態宣言を広島県に出したのを受け、呉市教委は全61の市立小中高校に対し、運動会、体育大会を開く際、無観客とするよう通知した。通知は14日付。 

  • 女子個人戦で川西さんV 高校将棋広島県予選開幕 (5/16)

     将棋の第57回全国高校選手権広島県予選(日本将棋連盟、県高文連、中国新聞社など主催)は15日、広島市中区の中国新聞ビルで2年ぶりに開かれた。新型コロナウイルス禍の「3密」を回避するため、初めて2日制...

  • 移住サポート役、育児世代を募る 廿日市の市民団体 (5/15)

     廿日市市で若い女性のサポート活動などに取り組む市民団体「Firste(ファステ)」が、同市への移住を検討している人を支援する「移住コンシェルジュ」を募集している。主に子育て世代を対象に、情報発信や移...

  • 子ども食堂支援2者へ各200万円贈る 中国新聞社会事業団 (5/14)

     中国新聞社会事業団(山本一隆理事長)は13日、公益財団法人ひろしまこども夢財団(広島市中区)とNPO法人広島こども食堂支援センター(同)にそれぞれ200万円を贈った。4月に受け付けを始めた「子ども食...