学力アップなび

消費者トラブル撲滅へ作品募る 山口県、高校生ら対象

2020/7/31 16:47

 山口県は、県内の高校生や大学生を対象に消費者トラブルの防止をテーマにした小説と漫画、動画の出品を呼び掛けている。民法改正で2022年4月に成人年齢が18歳に引き下げられるのを前に、若者に響くメッセージを同世代から募る。
(ここまで 110文字/記事全文 368文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

子育てのページの最新記事
一覧

  • 小1・2年にもタブレット配備 岩国市議会、市教委に要請 (5/11)

     全小中学生に1人1台のタブレット端末などを備える国のGIGAスクール構想で、岩国市が小学1、2年を持ち帰り用タブレットの配布対象外としたことについて、市議会は10日、市教委に県内の他市と同様に全児童...

  • 成人式出席者の感染相次ぐ 岩国 (5/7)

     岩国市が2日に開いた成人式の出席者から新型コロナウイルスの感染者が相次いでいる。関係者によると、5、6の両日の山口県発表分で計7人に上る。周辺市町が感染拡大を懸念して成人式の中止や再延期を決める中で...

  • 児童に配備した端末1台不具合 福山市教委発表 (5/3)

     福山市教委は2日、小中学生1人1台ずつ整備したタブレット端末の電源アダプターから煙のようなものが発生するなど不具合が起きたと発表した。

  • 公立小各1校がコロナ臨時休業 福山と三原 (4/25)

     児童の新型コロナウイルス感染が確認されたとして、福山と三原両市教委は24日、公立小それぞれ1校を臨時休業すると発表した。

  • 山口の公立高入試、平均点9・9点上昇 10年で得点2番目 (4/23)

     山口県教委は22日、3月9日に実施した公立高入試の得点結果を公表した。5教科(計250点満点)の平均点は146・3点。前年度を9・9点上回り、過去10年で2番目に高かった。県教委は、新型コロナウイル...