• トップ >
  • 学力アップなび >
  • 高校生 >
  • 【どうなる大学入試2020】中国地方の国公私立53大学のコロナ対応 志望校の方針確認を 追試・振り替え…日程複雑

学力アップなび

【どうなる大学入試2020】中国地方の国公私立53大学のコロナ対応 志望校の方針確認を 追試・振り替え…日程複雑

2020/8/30 19:26

 中国地方の国公私立53大学が本年度実施する一般選抜の個別試験で、新型コロナウイルス感染拡大のため学習が遅れた現役高校生への配慮や、感染者の受験機会の確保に関する方針がほぼ出そろった。各大学によって対応は異なる。志望大学の方針を確認しておきたい。

 ■学習の遅れへの配慮

 ▽社会や理科 出題を工夫

 文部科学省は6月、「大学入学者選抜実施要項」を公表し、個別試験で長期休校に伴う学習の遅れに配慮するよう各大学に要請した。高校3年で学ぶことが多い社会や理科などの科目について(1)選択問題を設ける(2)教科書で「発展的」とされる内容からは出題しない(3)「発展的」内容を出題する場合は設問中に補足事項を記す―といった方法を例示する。

 文科省などによると、53大学のうち過半数の28大学が配慮すると表明。ホームページ(HP)などで既に方法を明示した大学もある。広島工業大(広島市佐伯区)は(1)で、広島女学院大(同市東区)は(2)で対応。広島経済大(同市安佐南区)は(2)と(3)を採り「特定の志願者が不利にならない設問にする」としている。

 一方、23大学に変更はない。福山市立大や日本赤十字広島看護大(廿日市市)は「これまでも発展的内容から出題していない」と説明している。就実(岡山市中区)と、来春開学予定の広島県立の叡啓(えいけい)(広島市中区)の2大学は「検討中」とした。
(ここまで 575文字/記事全文 1470文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 広島大の個別試験で開始を待つ受験生(東広島市、2月25日)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

高校生の最新記事
一覧

  • 英語、読解力・まとめる力を重視 大学共通テストを振り返る (2/28)

     ▽資料増え場面設定も多彩/単語や文法、基礎を盤石に 1月に初めて実施された大学入学共通テスト。受験生の思考力、判断力、表現力を試すという新たな出題方針が顕著に表れた科目がある。英語だ。図表やイラスト...

  • リスニング上達の早道は「音読」 (2/28)

     大学入学共通テストの英語では、リスニングの比重が高まったのも大きな変更点の一つ。大学入試センター試験では「筆記200点/リスニング50点」だった配点が、「リーディング100点/リスニング100点」に...

  • <高校生>新年度へ向けて今、やるべきこと 学習スタイルの定着を (2/21)

     ▽河合塾福山校校舎長 戸次弘毅さん この春、高校2、3年生になる皆さん。今後の高校生活を有意義に過ごし、そして志望大学合格という栄冠を勝ち取るため、新学年を迎えるこの時期にやっておくべきことを確認し...

  • <高校生>予備校・塾の選び方 方針を確認、事前に見学 (1/31)

     ▽駿台予備学校広島校サブマネージャー 水原誉仁さん 立春も間近。春の訪れが待たれる季節となりました。高校生の皆さんにとっては、新学期のスタートダッシュを成功させるための助走期間といえるでしょう。進級...

  • 個別試験へ、悩むより勉強 大学共通テスト第1日程終了 (1/17)

     大学入学共通テストの第1日程が17日に終わった。受験生は、ほっと一息つきたいところだが、国公立大の前期日程(2月25日〜)、私立大の一般選抜(同1日〜)はすぐにやってくる。共通テストの自己採点結果を...