学力アップなび

鵜操る技術に興味津々 三次・和田小児童ら飼育場見学

2020/9/3 14:17
飼育場内のプールで、鵜を操る日坂鵜匠(右端)に真剣なまなざしを向ける児童たち

飼育場内のプールで、鵜を操る日坂鵜匠(右端)に真剣なまなざしを向ける児童たち

 三次市向江田町の和田小6年生13人は2日、同市粟屋町の鵜(う)共同飼育場を訪れ、「三次の鵜飼(うかい)」について同小卒業生の日坂文吾鵜匠(47)から学んだ。毎年6年生を観光鵜飼いの遊覧船に乗せている地元の和田自治連合会が、新型コロナウイルスの影響で今季の鵜飼いが中止になったため企画した。
(ここまで 145文字/記事全文 517文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

子育てのページの最新記事
一覧