学力アップなび

ちりめんと海、学生と考えた 呉市音戸の波多見小

2020/9/11 14:24
広島女学院大生(左から2人目)の助言を受け、ちりめんに混じる別の生き物を取り分ける児童

広島女学院大生(左から2人目)の助言を受け、ちりめんに混じる別の生き物を取り分ける児童

 呉市音戸町の波多見小5年生が10日、地元特産のちりめんや海の環境保全について、広島女学院大(広島市東区)の学生を講師に招いて学習した。
(ここまで 68文字/記事全文 365文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

子育てのページの最新記事
一覧